JACリクルートメントの特徴や強みと利用者の評判

JACリクルートメント

 人材紹介会社の中でも、各業界や職種で「ミドルマネジメント」や「スペシャリスト」を目指しているひとを対象に、転職サポートを行っています。

 

 国内大手や優良企業だけでなく、外資系や海外進出に積極的な企業からの依頼が多いのが特徴です。

 

 業界別に専任のリクルートメントコンサルタントがつき、個別にサポートしてくれます。

 

サポート内容

 転職コンサルティングという、コンサルタントが登録者との面談を行い、希望する業界や職種、職位、希望条件などをヒアリングしたうえで、最適な求人を無料で紹介してくれるサービスを受けられます。

 

 その際、応募企業の採用担当者と直接話したときの情報を提供することに始まり、企業に即した応募書類の作成、面接対策、面接日程の調整、面接後のフィードバック、雇用条件の交渉までをサポートしてくれます。

 

 キャリアコンサルティングを受けることもできます。

 

どのような強みを持っているのか

 リクルートメントコンサルタントは、転職のプロであるだけでなく、各業界や職種で長年の経験のある人材を登用しています。
 そのため、希望の業界の転職市場の動向や将来性まで考慮したうえで、希望に合った求人を紹介してくれます。
 また、ロンドンで発祥した日系転職エージェントなので、外資系企業や海外に進出している企業など、グローバル転職の求人が豊富なのが特徴です。
 ネイティブスピーカーによる、英文レジュメ作成のアドバイスにも定評があります。

 

デメリットになる部分

 JACリクルートメントに集まる求人の多くが非公開求人なのは、「ミドルマネジメント」や「スペシャリスト」を求める企業ニーズが高いからです。
 これから「ミドルマネジメント」や「スペシャリスト」を目指す30代前半の方を対象とする求人は、ほかの人材紹介会社より少ない可能性があります。
 また、求人案件ごとにリクルートメントコンサルタントが変わることが、デメリットになるケースもあるようです。

 

JACリクルートメント利用者の感想

年齢:32歳
性別:男性
転職前の職業・業種 :国内企業の経理担当
転職後の職業・業種:大手企業の海外製造拠点の経理税務全般


 財務のスペシャリストになるべく、入社してから一貫して経理畑を歩いてきましたが、大学時代に一年間留学していた経験があり、海外で仕事をしてみたいという希望も合わせてもっていました。

 

 そこで、若いうちに海外勤務をする夢をかなえるために、JACリクルートメントに登録。すると、国内大手メーカーの海外進出に伴い、経理税務全般の責任者の求人を紹介されました。

 

 業務で英語を使う環境にはなかったのですが、TOEICRスコアが850点以上だったこともあり、とんとん拍子で内定をいただき、現在海外赴任の準備中です。

 

 英文レジュメの作成など、リクルートメントコンサルタントの方には、とてもお世話になりました。

 

 真剣に、自分の今後のキャリアについて考え、的確なアドバイスをくださったと思っています。

 

年齢:30歳
性別:女性
転職前の職業・業種 :産業カウンセラー
転職後の職業・業種:コンサルティング会社のカウンセラー


大手の製造メーカーの総合職として入社し、営業を担当していた際、同期が過労からうつ病を発症したことがきっかけで、職場のメンタルヘルスに興味を持つようになり、産業カウンセラーの資格を取得。その後、産業カウンセラーとして2年ほど、企業の件子管理室などで、心理相談にのってきました。

 

 ですが、継続性のないサポートでは、職場のメンタルヘルス環境が改善されることは少なく、もっと深くかかわりたいという気持ちが強くなり、JACリクルートメントでキャリアコンサルティングを受け、現職を紹介してもらいました。

 

 業界の特徴や動向に精通しているリクルートメントコンサルタントの方のアドバイスは的確で、非常に特殊な職種であったにも関わらず、年収アップを伴う転職を実現することができました。

 

 スペシャリストとして転職したいと考えている方は、ぜひ登録することをおすすめします!


30代転職のトップ 35歳転職限界説は本当? 転職動機を見つめなおす おすすめ転職サイト