転職活動期間はどれくらいかかるのか

1ヶ月で転職出来る?

 これから転職活動を始めようと考えている方が、まず気になるのが、転職を実現するまでに必要な期間ではないでしょうか。
 日本では常に数多くの人が転職活動に励んでいますが、その中には、1ヶ月で転職した方も居れば、1年以上かかってしまう方もいます。

 

 何故こんなにも期間に差が出てしまうのでしょうか?これは転職準備の有無と、いかに行動目標を設定するかにかかっているようです。

 

転職には時間が必要

 転職は何よりも事前準備が大切です。準備をせずに転職活動を始めると、活動期間が半年〜1年以上に及んでしまうこともあるでしょう。

 

 転職期間が長引いている方、失敗してしまう方の多くは転職準備を適当に済ませてしまっている傾向が見られます。転職したいのであれば、まずはそれに向けての準備を始めましょう。

 

 なぜ準備が必要なのか。
 転職の準備というのは、自己分析や計画設計、求人情報媒体の確保や、転職市場に関する情報を集めることなどを含めた、いわゆる応募に至る前にしておかなければならない作業のことです。

 

 これらを疎かにすると、どんな企業に応募すればいいのかもわかりませんし、自分の考える方向性や市場価値が正しいのかどうかも見えてきません。言ってみれば、目隠しで歩かされている状態。

 

 それでは転職活動期間は延びてしまうばかり。そのため、準備をしっかりと整えてから歩き出さなければならないのです。

 

転職準備に時間をかけよう

 転職の準備には時間をかけることが大切です。しかし、準備期間もしっかり決めておかなければいけません。

 

 転職活動の期間そのものを短縮するならば、準備にあまり時間をかけられませんが、効率よく準備を進めて転職活動をスタートしましょう。

 

 とは言っても、準備にしっかりと時間をかけるからこそ、転職活動の期間全体を縮めることができるのもまた事実。要はバランスが大事であるということ。

 

 現在の状況、どのような準備を行うのかにもよりますが、2週間から1か月ほどは転職準備に時間をかけてもいいのかもしれません。

 

何を準備すれば良いか

 

 転職活動を始めるにあたって準備することは、希望する業界決定と志望する動機、求人状況の把握など多岐に渡ります。業界動向と年収相場も事前に調べておくことが望ましいでしょう。上に挙げたように、自己分析や転職活動全体の計画を立てておくことも準備として重要な作業となります。

 

 また退職時の手続きと業務引継ぎ、その後の生活資金の確保も忘れずに準備しておくことが大切です。生活資金は数ヶ月分を確保しておきましょう。

 

 もちろん、これは退職後に転職活動を行う場合です。在職中に動き出す場合には生活資金の確保はほぼ必要ないと思いますが、その反面、時間の確保には気を遣っておいた方がいいのかもしれません。

 

 気持ちの面の準備も忘れずに。本当に転職するかどうかの再確認と、もし転職活動期間が延びてしまったとしても転職活動をし続ける意志があるのかどうか、このメンタルが転職活動に与える影響は思いの外大きいため、事前にしっかりと確かめておくことをお勧めします。

 

転職は準備後が勝負

 転職準備をスムーズに進めたとしてもここからが本番です。求人に応募したとしても企業に採用されなければいけません。

 

 履歴書や職務経歴書も必須アイテムとなるため、予め書き方の練習をしておくことも大切です。スケジュールを作成し、それに沿って行動していきましょう。

 

 

<まとめて読みたい記事>

  1. 30代の転職は計画的に進めよう!
  2. 30代だからこそ自己分析が重要!
  3. 企業研究が必要な理由
  4. 30代の転職希望者は、年末年始で差をつけろ!
  5. 30代で「使い捨て」にされないために、転職の際のブラック企業の見分け方とは
  6. 体調管理がなぜ社会人にとって重要なのか
  7. 休職中の転職活動に利点はある?
  8. 冷静に、且つ楽に転職できるのは在職中なんです
  9. 会社にバレてはいけない転職活動|どうやって動く?

30代転職のトップ 35歳転職限界説は本当? 転職動機を見つめなおす おすすめ転職サイト