転職前準備

30代未経験でも雇ってもらえる!? 企業の反応が変わる重要なポイント

皆さん、就職活動ははかどっていらっしゃいますか? 
終身雇用を目指していたけれど会社が倒産して……とか、若い頃から夢を追っていて……など、30代からの就職活動には様々なケースがあるかと思います。

 

そんな皆さんに、就職活動をする上で企業がどのようなポイントに興味を示すのかをお伝えしたいと思います。

 

【やっぱり重要! 資格の事】

 

企業がその人物を判断する上で、他の就職活動者と差別化する要素としては、面接における人柄、その人物の経歴、所持している資格があります。

 

とくに、書類選考の段階では、経歴や資格を特に重要視しており、貴方が今までの人生においてその企業にアピール出来る経歴を持っていない場合、資格が特に重要になってきます。

 

当然、その資格はその企業に対してアピール出来る、業務内容に即したものであった方が良いですが、最近これだけの数の資格を取りました。
というアピールは企業にとって「この人物は、やるときはきちんとやる人間だ。資格をしっかり取れるという事は、業務についた後でもしっかり勉強してくれるだろう」というポジティブな評価につながります。

 

逆に、たいした経歴もなく、資格も無いような状態であれば、「良い歳をしてなんの経験も積んでこなかった人間」として判断されてしまいます。
貴方の受けたい業種における資格試験が、近く受けられるようなものであれば、できる限り取得しながら就職活動を続けると良いでしょう。

 

関連記事:

30代も取得したい転職に役立つ資格

 

【経験の無い人間でも雇ってもらえる仕事は限られている! 高望みをするな!】

 

30代未経験ともなると、雇ってもらえるような業務内容は限られてきます。

 

それは、若い人が嫌がるようなきつい仕事であったり、賃金が安い仕事であったり、そういった内容の仕事です。
土木作業や、清掃業、警備、電気工事、介護、運送などの仕事がそれにあたり、そういった若者が好まない内容の仕事であれば未経験でもきちんと話を聞いてくれるケースがほとんどです。

 

30代未経験と、10代・20代前半未経験の人間を比べた場合、将来性や素直さ、身体の丈夫さなど様々な面で見劣りしてしまうのが現状ですので、最初から太刀打ちできないステージで戦うよりは、そういった若い人が狙わない仕事を狙った方がうまくいく可能性は高いです。

 

就職した後の事を考えても、若い上司や先輩がたくさんいて、若い人にアゴで使われる可能性の高いお仕事と、自分より年上の先輩達の指導のもと新しい仕事を学んでいくので、自分にとってどちらが勉強しやすいかを考えると、やはり年上の方が多い会社を選んだ方が良いのではないでしょうか。

 

【面接は会場で始まる前から始まっている!】

 

面接に行くとき、企業の中に入るまで気を抜いていませんか? 

 

たとえば、このようなケースがあります。
とある企業の面接時、ビルの7Fにある企業に向かう途中、エレベーターで人と居合わせました。

 

関係無い人であろうと、特に気にすること無く乗って、その方は途中で降りたものの、面接時に部屋に入ってみたらびっくり! 
なんと、その会社の部長さんだったのです。

 

面接の質問内容も「仕事で入った先の会社様への挨拶は重要だと思いますか?」など、明らかに先ほどの対応を意識しています。その企業からは後日お断りのメールが届いたそうです。

 

このケースでも分かるように、面接にいく途中であっても、その企業の方といつ、どこで会うか分かりません。
極力面接会場に向かう途中であっても積極的に挨拶をしたり、模範的な行動を取る事が重要です。

 

【まとめ】

 

いかがでしたか? 
30代からの就職活動は、若い頃のように、若いというだけで話を聞いてもらえるケースは少ないです。

 

歳を重ねたなりに、戦略を練り、下調べ、準備を怠らず就職活動に望む事が、出来るだけ良い条件の企業に就職する上での第一歩となります。

 

また、30代の就職活動は、断られる事のほうが多いのであるとそう認識しておいたほうが良いと思います。
企業は若い人間の方が当然使いやすいので、よっぽど貴方の事を気に入っているか、人手が足りないのでなければ積極採用してくれない可能性のほうが高いです。ですから、10や20の不採用など気にせず、様々な企業にどんどんアピールしていくことが重要になってきます。

 

行動を起こさなければなにも変わりません。失敗しても次に繋げ、とにかく動き続ける事が就職に繋げるための第一歩です。


30代転職のトップ 35歳転職限界説は本当? 転職動機を見つめなおす おすすめ転職サイト