転職の前にまず考える事・準備すること

 

まず考える事・準備すること

転職の前にまず考えなければならないことは、本当に転職すべきかどうかです。転職そのものに迷っているのであれば、強引に退職をして新たな仕事を探す必要はないでしょう。「転職が自分には必要だ」そう思った時に初めて転職活動をスタートさせなければなりません
30代からの転職は迷いも大きいはず。やっと今の仕事に慣れてきた、この年齢で給与が下がる可能性がある選択はやはりできない、そんな風に思っているのであれば今一度考え直してみましょう。できれば「なぜ転職をするのか」を具体的に考えてみた方がいいですね。ここに具体性があり明確な目的や理由が出てくれば、それは転職する絶好のタイミングとなるはずです。

 

 

転職後を考える

転職後にどういった未来が待っているのかもしっかりと考えておきましょう。目先の魅力だけに釣られて転職を決断してはいないか、現状から逃げ出すような転職とはならないか、こんなことを考えてみれば、自然と10年後や20年後の自分とも向き合うことになります。それだけ考えても「転職したい」、そう思うのであれば、もう誰も止めることはできません。転職活動に必要となる具体的なことを考え始め、そして必要なものを準備するように動き出しましょう。

 

次に考えたいことは、転職の条件です。
「これだけは譲れない」という条件をピックアップすることでむやみやたらと応募する、あるいは求人の見極めが甘くなるなどの失敗を防ぐことができます。ただ、この条件をあまり厳しく設けてしまうと応募できる求人自体がなくなってしまうので、同時に優先順位をつける作業も行っておきましょう。

 

 

自分について考える

自分の職務経歴や長所・短所についてまとめておきます。30代であればそれなりの社会人経験を持っているはずで、そこで生み出してきた、身につけてきた実績や経験、知識をとことんあぶり出します。そうすれば自ずと自分の長所も短所も見つけられるでしょう。これは転職活動の際に必ず必要となりますし、応募の際には企業へのアピールにも活用可能。応募に必要な書類をまとめやすくなり、面接の際にもこういった棚卸しの作業が役に立ってくれるのです。

 

ここまでできたら転職活動のための準備は一通り完了。最後に、人材紹介会社を選んでおきましょう。転職にはこういったサービスの活用が必要不可欠です。しかしエージェントによってサービスや情報に偏りがあるため、どの会社を利用するのが自分にとってベストなのか、それを見極め登録する、これも抜かり無く行っておいてください。

 

 


30代転職のトップ 35歳転職限界説は本当? 転職動機を見つめなおす おすすめ転職サイト