転職活動はスピードが大事!?

 

転職活動はスピードが命

30代での転職活動では何を重視するべきかというとそれはスピードです。スピードとひとくくりに言っても色々ありますがその中でも1番重要なのは早く内定を決めることです

 

そんなことは当たり前だと思われるかもしれませんが、しかし実際に転職活動をするとなると、必要以上に1社1社の対策を考えすぎるあまり1社の合否が出てからまた次の会社を受けるなど慎重になりすぎてしまったり、もしくはたくさんの会社を一度にこなして早く内定をとろうと焦るがあまりに結局は一つ一つの対策をおろそかにしてしまいがちです。

 

そのようにバランスの悪い活動をしていては、結局内定が出るのが遅くなってしまいます。そこで重要になるのは、会社選びから面接対策までをスピーディーに行うことです。そのためには、何事も必要以上にやってしまうことを避けることです。必要以上に会社選びに固執してしまっていないか?必要以上に対策を考えすぎていないか?など必要以上なことはやめて、完璧な活動というのは実際には難しいものなので、8割良ければいいと思ってスピードを意識して臨みましょう

 

 

離職期間(ブランク)は短くしよう

30代の転職といっても会社に勤めつつの転職活動をする場合と、会社を辞めてからする場合がありますが、会社を辞めてから改めて転職活動をする場合にはそのブランクはできるだけ短くしましょう。その理由は、ブランクが長くなるほど選考だけで落とされてしまう可能性が高くなるからです。大手の企業を受ける場合は特にですが、選考の人数の多い大手の企業は書類だけでブランクがあるため他の企業から採用されてない、ということはスキルが低いと思われてしまうからです。

 

また他には、仕事の作業の工程や方法というものも日々新しく変化していくものです。そういった部分でもやはりブランクがある人とブランクがない人で比べられてしまうと、やはりブランクのない人を採用すれば仕事の能力さえ面接で見極めれば、新しい作業をさせていきなりそれがわからないというようなことにはならないからです。このような理由から面接もしないうちに落とされてしまっては受かるはずの会社にも受からなくなってしまいます。

 

30代の転職はスピードが命です。焦りすぎるのもよくはありませんが、勤めながらの転職活動にしても離職してからの転職活動にしても、できるだけ完璧を目指さない程度に素早く行動をとることで、自分にとってもより良い会社に転職することができるのではないでしょうか。

 

 

 

 


30代転職のトップ 35歳転職限界説は本当? 転職動機を見つめなおす おすすめ転職サイト