自己分析をする

 

自己分析の大切さ

自己分析は、自分のことがよくわかっていない新卒の学生がやるものと思っている人も多いのですが実はそうではありません。30代で転職する場合でも自己分析をすることは大切です。自己分析の目的は自分のことを深く理解したうえで、その内面を理解してそこを企業にアピールすることです

 

30代の転職といっても同じで、自分の今までやってきたことを筋道を立ててストーリーをもって自分自身が理解できていなければ、いざ面接となった時、自分がやった実績を説明しても、どんな理由でその行動をとったのか?ということを聞かれてもなかなか答えられなくなってしまいます。

 

特に30代の転職で重要視されるのは、自分の価値観がどれだけ相手の企業とマッチしているかというところです。新卒の学生ならば1から育てていけばいい部分ですが、30代となると人の価値観というものは出来上がっています。その出来上がった価値観をアピールし、自分の能力と価値観が企業の求める人材とマッチしていることを説明することが重要です。

 

 

未経験分野との向き合い方

30代で未経験での分野に挑戦しようとする場合重要視されるのは、今までの実績やその人の能力です。企業は即戦力を求めているから自分では厳しいと思ってしまう人も多いのですが、未経験だからといって今まで働いたことが全くの無駄になるということはありません。
他の職種だったとしても自分のやりたい目的を明確に説明し、今まで経験してきた仕事で培ってきた知識や経験をアピールできれば、働き盛りの年齢の30代ならばまだまだ採用を考えている企業はたくさんあります。未経験だからという理由だけで諦めてしまわずに、どんどん挑戦することで自分に合った企業を見つけられる可能性も広がります。

 

30代の転職で重要となってくるのは、学歴ではなく職歴や実績です。そういった実績を絡めて自分のことをより深く理解して面接で説明できるようにしておきましょう。挑戦するのが未経験分野だったとしても同じです。今まで培ってきた知識や経験がすべて無駄になるということはありません。むしろ30代だからこそ、他の職種を経験したからこそできることを考え、積極的にアピールしていきましょう

 

 


30代転職のトップ 35歳転職限界説は本当? 転職動機を見つめなおす おすすめ転職サイト