30代の転職は計画的に進めよう!

 

30代は転職市場でも人気が高く、求人数も多い年代です。ですが、転職の目的を達成し満足できる結果を手にするためには、転職の流れを理解しておくことが大切です。

 

まずキャリアの棚卸しと自己分析をして、自分のキャリアビジョンを明確にしたうえで求人探しを行い、しっかり企業研究をしてから応募書類を作成し、面接、内定に進むという流れを覚えておきましょう。また、応募書類作成や面接から採否の連絡までは、案外時間が必要だと覚えておいてください。

 

 

具体的な期間の配分は?

転職活動の流れは上で説明した通りですが、では、それぞれの作業をどのくらいのスパンで行うのが適当であるとされているのでしょうか。

 

キャリアの棚卸しを含めた自己分析にはそれなりに時間をかけたいところ。自分の本当の気持ちも確かめなければいけませんから、この作業には1週間から2週間程度はかけてもいいでしょう。

 

求人探しと企業研究、そして応募書類の作成については応募の度に行うので期間をまとめるのは難しいのですが、1週間に2〜3社は応募しておきたいところ。1社への応募に時間をかけると、それだけ転職期間も長くなってしまいます。

 

このくらいの配分で計画を立て活動を進めていけば、30代ですと2〜3ヶ月ほどでどこかから内定をもらえるのではないでしょうか。

 

 

 

転職活動を計画的に進めるために

いくら転職活動計画を理想通りに立てたとしても、それを実現できなければ意味がありません。

 

転職活動を計画的に進めるためには、上記のスパンを守れているかこまめにチェックする必要があります。どこかで計画が狂いそうだと感じたら、その後の計画も即座に見直す臨機応変さも求められるでしょう。

 

また、内定をもらえなければ次の応募へ切り替える意識の転換も大事ですが、内定をもらえなかった理由などを考えながら反省をし、それを次に生かす作業も不可欠です。
反省がなければ同じ過ちを繰り返すだけ。それでは計画通りに進められませんから、自己分析、企業研究、応募書類作成、面接対策のどこに問題があったのかをその都度しっかりと見極めるようにしましょう

 

 

退職スケジュールも念頭に置く

30代ともなると、在職中に転職活動をスタートする人も少なくないでしょう。履歴書や職務経歴書にブランクをつくらない方が転職活動に有利なのは事実ですが、内定後にすぐ勤務先を退職できるとは限らないので、退職までに必要な段取りとスケジュールを念頭に置いて活動をする必要があります。

 

企業への応募を始める前にきちんと終業規則の退職規定を確認し、退職希望日のどれくらい前に直属の上司に話をすべきかを、自分の中で決めておきましょう。

 

円満退職してこそ本当の意味で転職が成功します。きちんと勤務先に筋を通せる日程で転職先に入社できるように、日程の交渉をしっかり行っておきましょう。

 

 

 

 


30代転職のトップ 35歳転職限界説は本当? 転職動機を見つめなおす おすすめ転職サイト