企業研究が必要な理由

 

企業研究とは何か

新卒の就職活動と、30代の転職活動では、企業研究の意味が異なります。
転職活動における企業研究とは、自分にマッチする会社を見極めるだけでなく、企業側のニーズをくみ取る作業でもあるのです。そのため、多角的な視野で情報収集を行う必要があります。
企業側のニーズをくみ取らなければ、いくら能力があってもマッチングミスにより採用を見送られ、無駄な時間を費やすだけになってしまうでしょう。

 

求人票や企業のホームページだけでなく、「会社四季報」「帝国データバンク会社年鑑」「東商信用録」「日経テレコン」など、さまざまな媒体を駆使して、しっかり情報収集を行うこと。
一つの媒体に頼りきらないこともポイントです。情報や知識が偏ってしまうリスクがあり、仮にそれに誤りがあった場合には、企業研究の意味が全くなくなってしまうので気をつけてください。

 

 

企業研究で自己アピールポイントが見えてくる!

企業は30代を採用するにあたり、即戦力として活躍してくれること、将来は管理職として会社を支えてくれることを期待しています。しっかり自己分析をして、自分が持っているスキルとノウハウを把握したうえで企業研究を行うと、自分が入社後にどう貢献できるかというアピールポイントが探しやすくなります。

 

自分の希望を叶えるという観点だけでなく、自分が企業のニーズを満たす存在であることを、社風や募集している仕事内容、職位などとなぞらえて説明できるように、しっかり情報収集しておきましょう

 

その際、同業他社との比較をしておくと、より深みのある話ができるはずです。
ただ、面接時に同業他社の話や比較した結果を積極的に持ち出すのはNG。比較はあくまでも企業研究の段階で必要になるものであり、応募企業にそれを伝えるためのものではないので注意しなければなりません。

 

 

どの点を重視して研究すべきか

企業研究と言っても、企業の情報というのは膨大なものがありますから、どこかポイントを絞り込んで研究していかないと、時間がいくらあっても足りないでしょう。

 

例えば、同業他社と比較するのであれば、応募したいと考えている企業の持つ強みと弱み、商品・サービスの具体的な違い、トップダウンかボトムアップかなどを掘り下げてみるといいでしょう

 

将来性、これも非常に重要です。この点については企業そのものもそうですが、業界研究とも関連してくることなので、一緒に行っておくといいと思います。
また、新しいことに次々とチャレンジしていく体質の企業であるのか、海外進出や他業種・他分野にも乗り出しているのか、このあたりで将来性を見出すことができるのではないでしょうか。

 

 

 

 


30代転職のトップ 35歳転職限界説は本当? 転職動機を見つめなおす おすすめ転職サイト