面接でアピールすべき「30代の強み」とは

面接でアピールすべき「30代の強み」とは

 30代という年代は、転職には非常に有利な年代となります。20代の転職は非常に積極性や意欲が感じられますが、しかし同時に、応募される側の企業から見ると、前の会社で何か問題があったのではないか、これほど早く転職するのは忍耐力に欠けているからではないか、といったマイナス要因にもなり得るのです。

 

 一方40代以上の年代の転職希望者に対して企業は、やはりその年齢の高さをネックとして考えてしまうでしょう。30代はとてもバランスがよく、企業にとって確保しておきたい年代となるのです。しかしその年齢だけで転職が成功するわけではありません。30代であっても面接等でしっかりとアピールすることができなければ、採用を勝ち取ることはできないでしょう。あまり年代を考えずに自分をアピールする人もいると思いますが、是非この30代という年代を盛り込んで面接でアピールしてみてください。

 

 まずは経験です。10年ほど社会人として培ってきた経験、これは良いアピール材料となるでしょう。20代にはない強みです。組織の下の人間の気持ちもまだまだ覚えており、ある程度後輩の面倒も見てきたでしょうから上司としての気持ちもわかる。さらに同じ業界での転職であれば、その業界や職種に関する知識や経験もしっかりと身につけているはずで、且つキャリアアップへの意欲があるため、前向きな転職としてアピールすることができます。

 

 また、30代の人は40代や50代といった人にはないフレッシュさも備えていることが多い。これもアピールポイントとなるでしょう。組織へすぐに馴染むことができる柔軟性が年配者よりも優れており、アクティブに動く機敏性も持ち合わせている。こういった対応力こそが30代の強み。面接の時にはこうしたことを意識して企業と向き合ってみれば、必ず良い印象を持ってもらえるはず。

 

 また、企業側からすればあまり高い給料を支払わずに若く、且つ経験を持っている人材を確保できると考えるはずです。面接ではこういったことも意識し、給与や待遇などの条件よりも、とにかくやりがいを求めているんだという意欲を全面に押し出すことをおすすめします。言い方は適切ではないかもしれませんが、企業側にとって使い勝手の良い人材に徹する、これが30代に求められる面接術なのです。年齢はあくまでも数字。転職ともなれば能力が一番に求められるのは間違いありません。しかし、この数字に絡めたアピールは、必ず企業の心を掴みます。次の転職時には恐らく使えない手法ですから、30代という数字を武器に面接に挑んでみましょう。


30代転職のトップ 35歳転職限界説は本当? 転職動機を見つめなおす おすすめ転職サイト