職務経歴書・自己PRのポイント

企業に響く職務経歴書のポイントとは?

 履歴書・職務経歴書は、書類選考を通過して面接へと進むための重要な役割を果たします。たかが書類と安易に考えずに、書類選考を通過するための工夫をすることが必要です。

 

 就職難の昨今、求人募集をかければ何十人と職務経歴書が企業には送られてきます。その中から、まずは興味を引きつけなければなりません。丁寧な字で書くことはもちろんのこと、簡潔すぎてもいけませんし、PRをしすぎてダラダラと長くなってもいけません。A4用紙2枚以内で収めるのが理想的です。

 

 職務経歴書は特に決められた形式はありませんが、30代は求められる人物像が企業によって異なります。同じ職務経歴書を闇雲に送るのではなく、企業が何を求めているのかしっかり把握して作成しなければなりません。特に30代にはマネジメント経験を求める企業が多いので、チームリーダーとして携わったプロジェクトの経験などがあれば積極的に書きましょう。

 

 経験した仕事だけを羅列するのではなく、どのような成果をあげたかをアピールすることが大切です。読みやすく箇条書きにまとめましょう。

 

 

 

自己PRの書き方とは?

 

 自己PRをどのように書けばよいか悩む人も多いでしょう。ありきたりの内容では採用担当者の目にはとまりません。自分がこれまでに何をやってきたか、どんなことができるか、その経験を踏まえて応募先の企業でどう貢献したいか、この3点を盛り込んでPRできると良いでしょう。

 

 

 また、自分の長所と短所を洗い出して個性をPRしたり、周りの人間の評価はどうだったか具体的なエピソードをあげることも大切です。例えば、前の会社では忘年会や社員旅行で幹事を任されることが多かったなどのエピソードを組み込めば、人望が厚いという印象を与えることができます。

 

 

 自分の持っているスキルや資格をアピールすることも忘れてはいけません。ただ資格を持っているというのではなく、何をやりたいために資格を取得したというように、仕事に対する意欲を見せると良いでしょう。種類上でもやる気や人間性を見せることが大切です。

 

 

おわりに

 

 履歴書・職務経歴書は、自分をアピールするための大切なものです。時間をかけてしっかりと取り組み、他の応募者と差がつく書類作りを心がけましょう。


30代転職のトップ 35歳転職限界説は本当? 転職動機を見つめなおす おすすめ転職サイト