30代が転職先に溶け込むために気を付けたいこと

前職のスタイルにはこだわらない

30代での転職の場合、企業も即戦力として実績をあげることを期待しています。ですが、転職後は自分が思ったようには成果を上げられず、悩む30代も少なくないのが現実です。

 

それは、転職前の仕事の実績は個人の力だけでなく、会社のネームバリューに助けられていたり、自分の上司や同僚のサポートのおかげであることが多いからです。

 

それを謙虚に認められずに、転職先のルールやシステムが合わなかったり、これまでのやり方とは異なるなどと否定して、前職のスタイルに固執する30代もいますが、それは職場に溶け込む為にはしてはいけないでしょう。

 

まずは、「郷に入っては郷に従え」の言葉通りに、転職先のやり方に一日も早く慣れ、そこでやるべきことを、誰の教えも指示も待たずに、きちんとできるようになることが基本です。
慣れの問題もありますから、何事もネガティブに捉えるのではなく、まずは受け入れてしまいましょう。

 

また、前職での実績はあくまで過去であり、大事なのは転職先でどんな成果を上げていくかです。自分が転職先に貢献できることは何か、実務でも組織運営でも、常に考えて行動するよう意識しましょう。

 

それが実際にできるかどうは別にして、そうした意識で働くことで転職先に溶け込みやすくなることは間違いないはずです。

 

 

周囲の雑音に惑わされない

中途採用者は、入社後3カ月は、何かと注目を集めるものです。
時には悪い注目のされ方をすることもあるでしょう。30代のキャリア採用の場合、既存社員に敵視されたり、あるいは職場の派閥争いに巻き込まれるなど、好ましくない対応をされるケースも多々あります。

 

早くから自分に近づいてきた既存社員の言葉だけに耳を傾け、会社や上司の批判をするのは、愚の骨頂です。職場をきちんと観察し、果たすべき責任を果たしているのは誰か、仕事で見習うべき人物はどの人かを、自分できちんと判断しましょう

 

30代の中途採用者は、企業にとっては将来の管理職候補とも言える存在のはず。そうした意味でも、企業の期待に応えられるように、自分を律することを心がけなければいけません。

 

 

過剰に距離を置くのはマイナス効果

自分に近づいてきた社員に騙されないように、という趣旨の注意点を伝えましたが、しかし、自分に近づいてきた人全てと過剰に距離を置くのは、これはこれで問題があるでしょう。
相手の中にしっかりと良心があれば、それを遠ざけることで転職先に溶け込むことが途端に難しくなってしまうからです。

 

警戒するのは構いませんが、仕事の後に軽く飲みに行ったりなどの行動は怠らないこと。誘われたら、とりあえずはそれに乗っておきましょう。そこで何かおかしな吹聴などがあると感じれば、右から左に受け流しておけばいいのです。

 

転職後は、自分からこうした飲みに誘う行為も、職場に溶け込むための重要な行動となるでしょう。お酒の席というのは、良くも悪くも関係性を深めてくれます。
仕事がしやすい環境を整えるためにも、休日まで一緒に過ごす必要はありませんが、せめて仕事帰りくらいは新しい職場の人と付き合うようにしてください。

 

 

 

 

 

 

 


30代転職のトップ 35歳転職限界説は本当? 転職動機を見つめなおす おすすめ転職サイト