初出勤までにしておくべき5つのこと

初出勤までにしておくべき5つのこと

30代の転職者は、「即戦力」として活躍することを期待されています。入社日からスムーズに働けるよう下記5つの準備をしておくことが必要です。
内定をもらったからといって油断せず、採用の期待に応えられるようにしておきましょう。

 

入社日までに提出書類を用意する

入社の手続きに必要な書類は、必ず入社日前に準備しておき会社への提出が遅れないようにしましょう。年金手帳、雇用保険証、住民票の他に印鑑や筆記用具も準備しておいてください。給与を振り込むための金融機関情報や健康診断書などを求められることもあります。

 

また、会社によっては前職の「退職証明書」を要求される場合がありますので、事前に必要か確認しておいてください。退職証明書は前に勤めていた会社へ請求し受け取らなければなりません。即日発行してもらうことが難しいことも多々あるので、内定をもらった時点で自分からこの書類が必要かどうかを確認しておく必要があるでしょう。

 

 

内定承諾書や雇用契約書に関しては、提出の期限が決められていることもあります。内容をしっかりと確認してから署名をして提出しなければいけませんが、それでも指定された期日までに提出することは忘れないようにしてください。

 

 

転職先のHPは、再度閲覧しておく

就職活動中にHPを閲覧しているとは思いますが、本社や営業所の住所、組織図、主要取引先、取扱商品やサービス内容など、基礎的な情報は入社前に再度チェックしておきましょう。

 

面接で企業を訪れているかもしれませんが、出勤時間となると、またその状況は面接時とは変わってくる可能性が高い。通勤のルートや混雑具合なども考慮し、初出勤の日に遅刻したりなどがないように準備しておかなければいけません。

 

同時に、業界研究なども重ねておくと、自らが入社する企業のこともより深く理解することができるはずです。実際に働かなければわからないことの方が多いと思いますが、予備知識があることで業務にスムーズに移れることは間違いないはず。初出勤したその日から働くつもりで準備を整えておきましょう。

 

 

商品知識やサービス内容は、しっかり勉強しておくこと

入社日より3日〜1週間程度、研修を実施する会社が多いと思います。商品知識やサービス内容の研修を受けて、きちんと理解しているかテストを行うこともありますので、80点以上取れるように事前学習をしておきましょう。

 

そうした研修がない企業へ転職する場合でも、商品やサービスに関する知識や内容を把握しておくことは不可欠です。また、それら商品やサービスと社会との繋がりも理解しておけば、仕事に慣れるのも早く、指示された業務への理解もより一層深めることができるでしょう。

 

 

自己紹介の練習をしておく

入社初日は、配属部署全員の前で「自己紹介」をします。事前に1分以内で終わるように練習しておくことが必要です。話の内容がまとまっていなかったり、時間をかけ過ぎると上司や同僚に良い印象を与えられません。

 

前職でどんな仕事をしていたか?入社後の抱負などを話せるようにしておくと、慌てずに自己紹介ができるでしょう。

 

 

身だしなみを整えておく

中途採用で入社する場合は、社員全員から注目されるため第一印象がとても重要となります。入社日に着て行くスーツやシャツはクリーニングに出しておきましょう。靴はピカピカに磨いて、美容院でヘアスタイルを整えてください。仕事が出来る印象を与えるためにも「身だしなみ」は重要なポイントとなります

 

 

 

 

 

 

 

 


30代転職のトップ 35歳転職限界説は本当? 転職動機を見つめなおす おすすめ転職サイト