円満退職をするために

円満退職をする方法

転職をしようと決めた時に避けて通れないのが退職の手続きです。転職は誰しも何回もするものでもないため、なかなかスムーズに行うのが難しく、会社側としても残れるなら残って貰いたいということでほとんどの場合で引きとめられるでしょう。

 

しかし、自分のこれから先のことを考えても円満退職をするべきです。まず円満退職をするのために1番最初にすることは直属の上司に報告することです。焦って社長や役員など直属の上司以外の人に先に報告しまうと、なぜ直属の上司からでなく直接だったのかと、上司の問題になってしまいます。

 

まず、お世話になった直属の上司に迷惑をかけないために、できるだけ早めに報告することが大切です。次に大切なのは、しっかりと理由を考えておくことです。上司に報告はしても自分の意思が固まっていないと引きとめにあった時に心が揺らいでしまうかもしれません。そして、何よりも引きとめにあったからといって惰性で仕事をしても自分自身が不満を持ったまま仕事をすることになってしまうので自分の為になりません。自分自身の為にも上司の為にもできるだけ早く固い意思で辞めるということを上司に伝えることが円満退社への早道になります。

 

 

上司に報告するタイミングとは?

円満退社を目指し上司に報告しようと思っても難しいのはタイミングです。早くすればするほど会社側としては引き継ぎやなどの準備がしやすいのは事実です。しかし、仕事の繁盛記に報告をしてしまって会社としても厳しいからもう少し残ってくれと上司に頼み込まれてしまったら、お世話になっていた上司の頼みだけに断りづらくなってしまいます。

 

ですので、まず始めに明確な退職予定日を自分の仕事や会社のスケジュールなどと照らし合わせて問題がないか確認した上で考えましょう。そして、報告するタイミングは自分が決めた退職予定日から2ヶ月前を目安にします。2ヶ月前なら引き継ぎも問題ありませんし、余裕をもって報告することで上司にかかる迷惑も極力少なくすることができますし、またその期間を自分の転職活動にも役立てることもできます。

 

 

理解を得よう

円満退社をするにはできるだけ早く直属の上司に報告することは重要ですが、そのタイミングもできるだけ会社のことを考えて行いましょう。そして、退職する理由をしっかりと考えたうえで上司に理由を説明することで、会社の理解を得たうえでの円満退社ができるのではないでしょうか。

 

 

 

 


30代転職のトップ 35歳転職限界説は本当? 転職動機を見つめなおす おすすめ転職サイト