30代の転職は面接後のお礼状でコミュニケーションのアピールを

ビジネス経験を示せるお礼状

 

 30代で面接後にお礼状を出す意味としては、出すことで自身のビジネスとしての気配り、コミュニケーション力をアピールすることができます。30代となれば大分社会人としての経験も積んできた年であり、経験と将来性のどちらも兼ね揃えている世代です。お礼状を出すということは自分がビジネスとしての経験を積んできたというアピールと、その企業で仕事をしていくことへの意欲を示すことができます。

 

 必ず出す必要はない書類ではあるのですが、20代と比べると30代ではこれの一押しがあるかどうかで選考に影響が出る可能性もありえる話であるため、できれば出した方がいいでしょう。

 

失礼のない内容に

 

 お礼状を出すとなれば当然書類であるため一定のルールとマナーが存在します。それを分からずに出すと逆に自身のマナーのなさをアピールしてしまうことになるため、必ずルールとマナーを調べた上で書いていくようにしましょう。まずお礼状ではありますが、簡単な感謝状であるため送るのは1枚だけで充分です。むしろ何枚も送ると逆に鬱陶しく思われてしまうためやめた方がいいです。

 

 もちろん応募書類と同じく誤字脱字と文章の構成に気をつけましょう。そのため書き終わったら必ずおかしくないかどうかのチェックは忘れずにしてください。後は内容に関しては当然のことながらネガティブなものにせず前向きな内容にしましょう。意外と面接で失敗をしているとそれに関して陳謝をしてしまいたくなりますが、それをすると逆に「言い訳」がましくなってしまうため、そのような内容になるぐらいであれば送らない方がいいです。

 

 内容に関しては実際に面接をしてみて感じた感想と意欲を元に書きましょう。この内容をどう書くかがポイントになりますが、決まった内容は存在しないため、自分なりに印象づけるような内容にしましょう。

 


30代転職のトップ 35歳転職限界説は本当? 転職動機を見つめなおす おすすめ転職サイト