面接の準備をしておこう

面接の準備をしておこう

 

 一般的に30代の場合には、組織の中でも中間管理職として位置づけの人が多く、また私生活でも扶養家族ができたり、住宅を購入するなど責任が重くなる年代です。そんな中で転職活動をする場合には、面接前にしっかりと事前準備をしておくと、自分をどうアピールすればよいのか対策を練ることができます。また、想定外の質問をされても、冷静に対処することも可能となります。

 

 具体的には、30代の採用では即戦力が求められますから、面接で求められる人材像や、重視されること、想定質問と企業分析など面接全体の流れを把握しておく必要があります。特に想定問題では、自己紹介、転職退職理由などを中心に話すことになります。そこで、これまでの経験や実績による裏付けから、転職先では、どのように貢献できるのかということを意欲的に話すことです。

 

 また、面接では第一印象が大切になりますから、身だしなみとしての服装、髪型も清潔感があるようにしておきます。さらに、話し方も落ち着いて丁寧に話す必要がありますし、自分をどのようにアピールすれば、第一印象を良くできるかということまでイメージしておくと完璧な対策となります。

 

 

30代の面接で重視されていることとは?

 

 30代の採用で重視されることは、すぐに即戦力として活躍できる経験とスキルがあります。また、職場の同僚や関連部署にも連携して働ける人柄であるかどうか、会社に対してロイヤリティを持って長期的に働いてくれるかということを判断します。これらを確認するために、面接では数回にわたり、数人の面接官が確認していきます。ここでは、志望動機や転退職理由などを質問しながら話に一貫性があるかどうか、能力やスキル、人柄を選考していきます。

 

 さらに、将来的な展望として転職先での5年や10年後のビジョンを確認されることもありますので、現職ではできない事が転職先ではできるということを、将来のビジョンも交えて納得感がでるようにアピールするし必要もあります。また、会話の中でも、的を射た回答をしているかどうか、ネガティブな会話が入っていないかどうかまで判断されています。 

 

 さらに、既存の30代社員と比較されていることもありますから、あまりに作りこみすぎると、本音が見えないと思われることもあります。基本的には、相手から一緒に働きたいと思われる必要がありますので、時には自分自信について、正直に伝えることも相手に安心感や親しみ易さを与えて好感度を与えることも大切です。


30代転職のトップ 35歳転職限界説は本当? 転職動機を見つめなおす おすすめ転職サイト