圧迫面接にあったらどうする?その意図と対策

圧迫面接とは?

 

 圧迫面接というのは、面接官が候補者に対して、わざと意地悪な質問を投げたり、相手の話を聞いていないような態度をとることです。その理由としては、応募者の人柄や業務に対するストレス耐性、対人関係スキルなどを選考するための面接方法です。具体的には、嫌な事を言われたり、困ったことを言われたときに候補者がどのような解答や反応、態度をとるのかということを面接官が見るために行われます。

 

 そして、これにより、候補者の性格や人柄を選考しています。これが行われるのは、業界や職種によっては、ストレス過多な業務をすることも多いためで、転職してすぐに退職されることを防ぐ目的で行われます。

 

 例えば、業務をする上では、なかなか自分の思い通りにいかないことが多くなります。そこで、課題に対してどのように捉えるのかという事を判断するために圧迫面接で確認しています。さらに、中には無理難題を言ったり、自分本位な行動をとる人もいますから、そのような人をどのように捉えて、どう対処していくのかを判断している場合もあります。

 

圧迫面接の対処法とは?

 

 30代というのは、業務においては責任が重くなりますので、さまざまな課題や問題に取り組めるかどうかというストレス耐性を確認する意味で、圧迫面接が行われることもあります。この対処法としては、事前に具体的な事例をみておくだけでも対処はできるでしょう。具体的な心構えとしては、面接官から圧迫的な質問や態度がでたら、言葉よりも態度や表情が見られているということを意識します。

 

 そして、面接官の否定的な言い方や話しを、否定しないことです。相手の挑発には乗らずに、自分が話すべきことはしっかりと話します。回答できないような質問に対しては、素直に謝るようにします。具体的には、意地悪な質問がきたら、まずは圧迫面接されているという意識で対処します。そして、最初は相手の意見を肯定してから、自分の意見を述べるように回答します。

 

 また、いらっとくるようなことがあっても、表面上は冷静を装い心の中で感情を留めて、質問の意図から冷静に回答するように心がけます。最後に、態度や表情は、言葉以上に相手に印象に残ることもありますので、30代として大人の対応が求められていることを意識して、姿勢と笑顔を意識して乗りきる必要があります。


30代転職のトップ 35歳転職限界説は本当? 転職動機を見つめなおす おすすめ転職サイト