30代だからこそ、身だしなみに注意!

面接にふさわしい服装を見直そう

 

 30代で社会人経験があるからこそ、普段のビジネススーツで面接に行けばよいと、安易に考えるひとが少なくありません。ですが、就業上の服装は、会社によって規定が異なるため、自分がふだん着ているスーツが、必ずしも面接にふさわしいとは限らないので、面接を受けることになればきちんと見直す必要があります。

 

 Yシャツやブラウスも含めて、デザイン性が高すぎないか、色が面接に適しているのか、面接マニュアルを読み直して、きちんとチェックしましょう。基本的には、履歴書に貼付する写真も面接用のスーツを着用しているはずなので、同じスタイルで出かけることをおすすめします。

 

 ちなみにYシャツはブラウスや白い色のものを選択するのが面接時のルール。模様が入っているのも基本的には避けたいところですし、襟だけに色が付いている、ボタンだけに色が付いている、というさりげないデザインであっても、面接時は控えた方がいいでしょう。

 

 スーツも黒色が基本であり、靴や靴下もできればこれに近い色にしておいてください。バッグなども同様に、落ち着きのある色のものを選択した方が、面接官に与える印象を悪くせずに済みます。

 

 また、髪型やメイクも、面接にふさわしいスタイルがあります。華美にならず、清潔感があふれるように意識してください。清潔感を出すには汚れやシワなどを意識する他にも、身体のサイズに合っているかもチェックしておきたいところです。

 

 ダボッとしていると、それだけで不潔感が漂います。逆にピチピチすぎるのもNG。自分の身体のことを知り、それに合っているスーツを着こなしていることが重要なのです。

 

 

小物類にも注意を払おう!

 

 企業の採用担当者は、短い面接時間の中で、応募者のひととなりを判断しようとします。そのため、身だしなみも細かくチェックしています。

 

 靴とカバンの手入れをきちんとすること。汚れているなんてビジネスマンとしてはあってはなりません。カバンにキーホルダーのようなものをつけている人も多いようですが、これも面接時には外しておきましょう。

 

 眼鏡や時計もビジネスの場にふさわしいものを身に付けること。メガネで個性を出そうという人も増えてきていますが、フレームのデザインが奇抜であったり派手であるものは、やはり控えておきましょう。時計も高級ブランドのものはできるだけ避け、シンプルなものを着用することをお勧めします。

 

 爪がきちんと手入れされていることは、最低条件です。ビジネスマナーを問われますので、細部まできちんとチェックしてから面接に臨みましょう。少々香水をふりかけるのは構いませんが、強すぎるとこれも面接時のNGマナーとなってしまうので気をつけてください。

 

 

関連記事

 


30代転職のトップ 35歳転職限界説は本当? 転職動機を見つめなおす おすすめ転職サイト