30代の転職は給与交渉をしてから。

給与交渉はいつ行うべきか

 

 30代の転職の場合、即戦力として、あるいは近い未来の管理職候補として、期待も責任も大きくのしかかるものです。だからこそ、業務に見合う給与の交渉をし、納得したうえで転職をすべきです。

 

 もし、求人票の給与額より多くの収入を得たいと考えているなら、第一次面接のときに交渉を切り出しておくべきでしょう。面接の終盤にある逆質問のときに、「御社の場合、私と同じようなスキルの社員は、どのくらいの給与が支給されているのですか?」と聞くことから始めます。

 

 ただし、給与の話を一番最初に切り出すと、面接官の心証を害するリスクもありますので、ほかにも逆質問を用意して、さりげなく切り出せるタイミングを待ちましょう。

 

どのように交渉を進めるのか

 

 転職先で給与の交渉をするには、現職での給与と、そこに留まることで加算される予定の給与額を引き合いに出すと、企業側が検討しやすくなります。

 

 「現在の年収は550万で、ここには賞与と残業代60万が含まれています。このまま勤務先に留まれば、来期には主任に昇格するので、役職手当が月額2万円加算される予定です」という言い方をすると、面接官は年収の目安をつかみやすくなります。

 

 さらに「現職の年収から10%アップを希望します」と、伝えるのです。ただし、自分の要求だけを伝えても、交渉にはなりません。希望年収に見合うよう、入社後にどのように結果を出そうと考えているのか、その根拠とプランをきちんと面接官のプレゼンテーションできなければなりません。

 

 転職市場での価値が高いひとであれば、十分に交渉は可能です。自分の市場価値と、応募企業にできる利益貢献の方法を提示し、自分が納得できる給与をもらえるよう交渉してください。

 


30代転職のトップ 35歳転職限界説は本当? 転職動機を見つめなおす おすすめ転職サイト