面接時に確認しておきたいこととは?

最後の転職という思い

 

 30代の転職者にとって、できればこれが最後の転職にしたいところです。30代は20代で始めたビジネススキルの方向性を明確に定めそれに向かって伸長、深化することで後悔のない社会人人生を築くためのとても大切な時期なのです。ですからこれが最後の転職だという気持ちで採用試験に臨みたいものです。

 

 それでは具体的にどうすればいいのでしょうか。採用試験の決め手となるのは何と言っても面接試験の結果如何となります。このためこの面接試験の場でどのように対応していくかがとても重要になるのです。この中にはもちろん入退室のマナーや面接官の質問に対する的確な言葉選びや応えがありますが、更に応募者として確認すべき事柄はこの場で確認することも含まれます。

 

 この場を逃したら二度と聞けなくなるかもしれません。そういった意味で応募者からも「試験する」といった態度も必要です。例えば、合否確定までのスケジュール、入社を希望される日、応募者に求めるもの等といった基本的且つ大切なことは確認しておきましょう。これによって採否が決定するものでもありませんので。

 

面接時に確認しておきたいこと・番外編

 

 面接試験に呼ばれたら、一次の書類選考をパスしたわけですから、採用に一歩近付いたことになります。今度は直接面接官からいろいろと試験されるわけです。緊張するなといっても転職慣れした人でない限り難しいでしょう。そのような人はそもそもなかなか採用されないでしょうが。それはさておき、同時に応募者が知らなかったことがたくさん見れる機会を与えてもらうことにもなるのです。

 

 例えば会社に訪問して最初に接してしてくれた人の表情や対応に不自然さはないか。表情に笑みはあるか。オフィス内は綺麗に整頓されているか。タバコの臭いが蔓延してはいないか。大声で叱責するような声は聞こえてこないか。程よい笑い声があるか等など、これから自分の職場になるかもしれない会社の環境がどのようなものかをうかがい知ることができるのです。これも面接時にはぜひ確認しておきたい事柄です。


30代転職のトップ 35歳転職限界説は本当? 転職動機を見つめなおす おすすめ転職サイト