より多くの求人情報を集めて、最適な仕事探しを!

30代の仕事探しのポイントとは

 

 転職市場では、30代を対象にする求人が山のようにあります。ですが、求人のすべてが、あなたを満足させる内容になっているわけではありません。自分のキャリアビジョンを達成できる仕事探しをすることが、30代の転職成功には不可欠です。

 

 そのためにも、求人情報を取捨選択する基準を、自分の中に明確に持てるよう、キャリアの棚卸しや再構築をしておきましょう。

 

 また、すべての希望条件を満たす転職を行うのは、現実的に厳しいものがあります。希望条件には優先順位をつけ、自分が妥協できるポイントを設定しておくと、応募するか否かのジャッジがしやすくなるはずです。自分の市場価値を調べたうえで、設定しておくようにしましょう。

 

 これらの妥協できるポイントは、仕事探しをしながら徐々に取り入れていくことも意識してください。最初から全てを妥協してしまうとパッとしない会社しか残らなくなるので、応募や審査を繰り返しながら、「やっぱりこれは妥協しなければ内定をもらうのは難しそうだ」と判断したら妥協していく、という形にした方がいいでしょう。

 

 30代は転職市場での需要が大きいもの。妥協できるポイントやそれを受け入れるタイミングの計り方も、この年代の人が仕事探しを行う上では重要になってくるのです。

 

 

求人媒体をフル活用しよう

 

 30代ともなると、業界や職種、職位、勤務先など、自分なりに転職条件が設定できているはずです。転職サイトや転職エージェントなど、自分の希望条件に合った求人情報を提供してくれる媒体は、フル活用するようにしましょう。

 

 その際、特性が違う求人媒体を併用し、一つでも多くの求人情報を集めて取捨選択できる状況をつくることが、自分が満足できる転職を果たすためには不可欠です。

 

 求人媒体によって扱っている企業も違いますし、ある特殊な業界や職種へ転職するのであれば、それ専門の転職サイトや転職エージェントを使うことも避けられないでしょう。求人媒体の特性を理解したうえで上手に使いこなせば、価値のある求人情報や企業を逃すことなく捕まえられるはずです。

 

 

有効活用したいスカウト機能

 

 求人媒体の中には、“スカウト機能”と呼ばれるサービスを提供しているところも少なくありません。主に転職サイトに設けられている機能でありサービスですが、自分のキャリアを企業が閲覧可能な状態にしておくことで、自分のことを気になった企業がコンタクトを取ってくるという、転職希望者にとっては非常に嬉しいシステムとなっています。

 

 これも、価値ある求人情報や企業を逃さないために使うことができます。また、仕事探しに重要な市場価値、これの判断を行うための参考にすることもできるでしょう。これまで見向きもしなかった業界に、もしかしたら自分の需要があることがわかるかもしれません。

 

 スカウト機能を使うことで、これまでよりも断然仕事探しの幅が広がり、転職成功の可能性を上げられることは間違いないのです。

 

 

関連記事

 


30代転職のトップ 35歳転職限界説は本当? 転職動機を見つめなおす おすすめ転職サイト