職務経歴書の書き方でスキルがわかる!

職務経歴書は応募先に合わせて書き分けよう!

 

 職務経歴書は、企業が募集する求人、つまり、企業側が欲しいと思っている人材にマッチするスキルや経験を持っていることをアピールするために用意するものです。30代ともなると、自分の希望だけでなく、自分が企業のニーズにいかにマッチするかをプレゼンするという観点で職務経歴書を書くことが、内定を引き寄せる秘訣にもなります。
 自分の主張だけを並べる、自慢をするような職務経歴書にならないように気をつけなければいけません。

 

 また、同じ業界や職種に応募するからといって、職務経歴書を使いまわすようでは希望の転職は叶わないことを自覚し、企業ごとにカスタマイズを加える習慣をつけましょう。しっかり企業研究していれば、どこをアピールすべきかはすぐにわかるはずです。
 その“どこ”の部分を突き詰め、それがより分かりやすいように(目につきやすいように)この書類を構成していく工夫も求められるでしょう。他の実績等に埋もれないように書かなければいけないのです。

 

 

職務経歴書は書き方も重要!

 職務経歴書の書き方には、これまでのキャリアを順を追って説明する「年代式」「逆年代式」という書き方と、募集している仕事内容に必要なスキルや実績を中心に、職能ごとにブロック分けする「キャリア式」という方法があります。
 前者は、「編年体形式」「逆編年体形式」とも呼ばれており、“逆”がついているものは、現在から遡って自分のキャリアを書いていくというフォーマットです。今持っているスキルや最近残した実績を最初に書けるので、それなりのキャリアを積み上げてきた人には有効なフォーマットとなるでしょう。

 

 しかし、30代であれば「キャリア式」で、募集職種でのキャリアと実績、持っているスキルについて十分に説明し、それ以外の経歴のボリュームを少なめにするという、メリハリのある内容にすることをおすすめします。
 その際、見出しをつけたり、文章をコンパクトにまとめるなど、読みやすさにも配慮してください。

 

 読みやすさというのは、書類審査の結果に大きく影響すると言われています。読みにくければ目を通してもらうことすらできずに不採用決定、というのが多くの人事担当者の選定方法。
 読んでもらわなければ職務経歴書を提出する意味がないですから、ごちゃごちゃとせずスッキリとした構成にできるように工夫しておきましょう。

 

 

職務経歴書で特に見られている部分は?

 どのようなキャリアを積み上げ、それによってどのような知識や技術を獲得してきたのか、これが職務経歴書で見られる大きな部分。
 しかし、人事担当者はもう一つ大事なことを考えながら職務経歴書をチェックしています。それは、その書類に書かれたことが本当かどうかです。

 

 書いている本人、つまり転職希望者は本当のことを書いているわけですから、この点はあまり気にしないのかもしれません。しかし、人事担当者は違います。「素晴らしい実績だ」と思った時こそ、「これは本当だろうか」と疑うものなのです。

 

 その疑いを書類の中でできるだけ晴らせるよう、信憑性を持たせる工夫も必要となってきます。
 自分の有している知識や技術で、具体的にどのような成果を上げてきたのか、これをこと細かく記載しておきましょう。特にアピールしたい部分は詳細に説明しておくこと。

 

 実際に能力がなければ書けない内容になっていれば、「面接に呼んでみよう」と思ってもらえるはずです。

 

 

関連記事

 


30代転職のトップ 35歳転職限界説は本当? 転職動機を見つめなおす おすすめ転職サイト