30歳を過ぎたら違う業種への転職は難しいでしょうか?

30歳を過ぎたら違う業種への転職は難しいでしょうか?

 

 

30歳を過ぎていても、これまで働いてきたものとは異なった業種へと転職することは、それほど難しいことではないでしょう。これまで働いてきたものとは異なった職種へと転職するとなれば、それはなかなか大変なことかもしれませんが、業種のみを変えるというのは転職の世界では決して珍しいことではなく、むしろ最近は増えてきているため、可能性はあると考えられます。

 

例えば、IT系の営業職と食品系の営業職とでは、業種は異なりますが職種は同じです。取り扱うものが違うということは、転職後にそのものの特徴を覚えたり業界での常識やルールを新たに身につけていく必要性や大変さはあるものの、顧客に製品や商品・サービスを勧めたり提案するという意味では同じ仕事となるので、前職の経験を確実に生かすことができるでしょう。

 

このように、転職後の努力は欠かせませんが、極端に難しいことはないですし、ましてや不可能ということはないのです。

 

転職するということは、あなたを雇ってもいいと思う企業が現れなければいけません。ということは、企業に自分の価値をどれだけ表現し伝えることができるかに懸かっているとも言えます。

 

業種を変えたいと思った時に、前職での経験を生かすことができ、それは確実に応募先企業に貢献できることであると伝えられれば、すんなりと採用されてしまうかもしれません。そしてそれは、経験が浅い20代よりも、ある程度の経験を持つ30歳以上の転職希望者の人の方が有利に働くとも考えられます。

 

もし業種を変えたいと真剣に考えているのであれば、思い切って挑戦してみるべきでしょう。その行動によって、違う業種へと転職することがあなたにとってどれだけの難度なのかも掴めるはずです。その結果によって、さらに業種の選択を見直すべきか、あるいは同業種への転職を考えるべきなのかを改めて決めてもいいのかもしれません。

 

 

関連記事:
転職して2ヶ月ですがブラック企業だと分かりました。またすぐに転職しても大丈夫でしょうか?


30代転職のトップ 35歳転職限界説は本当? 転職動機を見つめなおす おすすめ転職サイト