だいたい何社くらい受けたら内定が決まりますか?

だいたい何社くらい受けたら内定が決まりますか?

 

何社くらい応募し、書類審査や面接を受けたら内定がもらえるかという質問ですが、少しずるい言い方をしてしまうと、「人によって大幅に異なる」という答えになってしまうでしょう。それほど転職希望者によって差があるのです。

 

転職に関わる事業を展開しているさまざまな企業が調査を行っていますが、そうした企業が出したデータを総合すると、転職希望者が内定を受け取るまでに応募した企業の数の平均は15?20社ほどとなっているようです。

 

平均でこの数ですから、30社以上応募した人もいるでしょうし、10社に満たない応募数で内定をもらった人もいるでしょう。何れにしても、1社や2社の応募で内定が決まることはまず考えられないと思っておくべきなのかもしれません。

 

これは30代の転職希望者でも例外ではありません。この年代は中途採用者を募っている多くの企業にとってニーズが高い。しかし、それでも10社以下の応募数で内定を受け取るのは容易ではないのです。

 

また、転職希望者の半分ほどが、「1社からしか内定をもらえない」ようです。ここからも、なかなか厳しい状況が転職希望者の前に待ち受けていることがうかがえます。

 

ちなみに、30代前半の人であれば3社以上の内定を受け取っている人も少なくない(どの年代よりも割合が高い)ようですから、30代で転職を志すのはまさにベストタイミングですし、行動に移すなら早ければ早いほど有利となるのかもしれません。

 

何社くらい受けたら内定が決まるのか、これを気にする気持ちはわかります。しかし、気にしても結果は変わりません。気にすれば応募数が少なくなるわけでもありませんし、むしろ、気にすればするほど、「そんなに応募しないと転職できないのか」とネガティブな感情が強まる可能性も出てきてしまうでしょう。

 

もし気にするなら、「平均が15?20社なら、自分は10社以内の応募で内定を決めてやる!」という、ポジティブな感情へと持っていくようにしなければいけません。悩むよりも今すぐ行動!それが30代の転職希望者に必要なことであると心得ておきましょう。

 

関連記事:
30歳を過ぎたら違う業種への転職は難しいでしょうか?
転職で一番大事なことってなんでしょうか?
職歴が派遣とアルバイトしかありません。正社員への転職は難しいでしょうか?


30代転職のトップ 35歳転職限界説は本当? 転職動機を見つめなおす おすすめ転職サイト