中途採用において、筆記試験はあるのでしょうか?

中途採用において、筆記試験はあるのでしょうか?

 

すべての企業で行われるわけではなく、その企業によります。実際に行われる内容をご紹介します。よくある一般的なものは、適性検査、一般常識、自己紹介または自己PRといった作文が、主に行われるものとして挙げられます。なので、筆記試験の有無は会社次第で、求人の広告で確認しても必ずしも書いてあるとは限らないので、採用担当の方にお聞きになるのが最も確実でしょう。もちろん筆記試験があったとしても、センター試験のように全国統一ではなく、会社ごとに異なる内容なので、注意が必要です。漢字や熟語といった、学力面を問うものや、時事問題をどれだけ知っているかといった、その人の大人としての常識を問うものもあり、様々です。

 

作文も、論文に近いような比較的長文を書くケースがあります。その論作文から、文章の表現力、文章の緻密さ、論理性がしっかり芯のあるものかどうか、言葉遣いなどの丁寧さ、表現力の豊かさなど、多方面からの判断もあります。教養面は、文学を扱い、文章の読解力や、考察力、そこからどういった感想や印象が浮かんだか、などといった仕事を効率よくこなすことにつながる能力を測られることもあります。

 

全体を通して、基礎能力において、いかにして問題にぶつかったときに合理的、かつ多面的な判断や考察で解決できるか、自主的に行動すべき際に求められる能力を問われることが多いです。

 

また、適性検査のポイントも少しご紹介します。適性検査も、判断力といった、学力を問う試験で測られる項目と共通した点がありますが、ほかにも同じく仕事をこなす人との協調性や、仕事への誠実性といった、精神面を問う問題が出されることが多いです。学力と違い、対策できるものではなく、素の自分はどんな人間か問われるものです。実際に適性検査を受ける際に重要なポイントになるのは、考えすぎず、落ち着いて、普段の自分ならどうするか、と考え、そこから回答していく、という方法が大切です。

 

関連記事:
30歳を過ぎたら違う業種への転職は難しいでしょうか?
転職で一番大事なことってなんでしょうか?
職歴が派遣とアルバイトしかありません。正社員への転職は難しいでしょうか?


30代転職のトップ 35歳転職限界説は本当? 転職動機を見つめなおす おすすめ転職サイト