30代女性転職希望者が陥りやすい罠とは?

30代女性転職希望者が陥りやすい罠とは?

結婚・出産、夫の転勤などで転職を余儀なくされる事が多いのが、30代の女性です。

 

しかし、「30代女性が転職となると条件が下がる」「子育てをしながらだと、なかなか雇ってくれない」など、希望通りの条件で転職するのがなかなか難しい層でもあります。

 

そして、もう一つ30代女性の転職で陥りやすい罠があります。
それは、「どうせ良い条件で転職などできないだろう」という「諦め転職」と、いきなり転職を決めてしまう「突発転職」です。

 

30代女性が「諦め転職」や「突発転職」の罠に落ちてしまうのは、何故なのでしょうか?

 

「諦め転職」でモチベーションを下げないで!

 

30代女性と言えば、結婚や子育てなど家族の事情で仕事を制限される事が多い世代です。

 

そのため、フルで働けない、子供の病気で急に休むこともあるなど、どうしても条件が悪くなってしまいます。
それと同時に、夫の転職や住宅の購入のための引っ越しなどで転職せざるを得ないことも多いです。

 

転職をしなければならないのに、希望の条件の企業からはなかなか内定を貰えない・・・そんな事が繰り返されると心が折れてしまい、「諦め転職」になってしまうのです。

 

「諦め転職」をしてしまうと、転職後もどこかで「諦めた結果なんだ・・・」と思ってしまい良い結果にならないことが多いのです。

 

しかし、よっぽど給料が下がった、待遇が悪くなったというのでもない限り、「諦めた」と考えるより「自分から選んだ」という前向きな考えを持つ事をおすすめします。
庭の事情で転職先の条件が下がってしまうのは、仕方のない事です。
家庭を持ちながら今までのバリバリのキャリアを保つことは不可能です。

 

子供が大きくなるまでは、家庭優先にシフトチェンジしたと考える方が良いのではないでしょうか?

 

転職する時はよく考えて!「突発転職」をしても良い事はない

 

30代女性がやってしまいがちな転職に「突発転職」があります。

 

日々のストレスが溜まってしまった結果、ある日突然「転職したい!」となってしまうのです。
もちろん、場当たり的に転職を決めても、良い結果を生む事はほとんどありません。

 

「突発転職」をしがちな人の特徴は以下のようなものがあります。
該当していないかチェックして頂ければと思います。

 

・家庭と仕事の両立が難しく、ストレスがたまっている
・夫の協力や理解がない
・親の協力がない
・かつて憧れたが夢破れた業種や職種がある
・職場の人間関係がうまくいっていない

 

女性はストレスをためがちです。
そして、溜まりに溜まったストレスを爆発させてしまい、「突発転職」に発展してしまうのです。

 

そうならないためにも、毎日ストレス発散したり、夫や家族などに思う事があっても溜めないで、その都度伝えると良いでしょう。

 

女性は30代に入る前にある程度のキャリアを築いておくべき

 

このように女性は30代に入ると、仕事に関して様々な不利な出来事がおこります。
できればそうなる前に、転職に有利なスキルを得たり、キャリアを築いておきたいものです。

 

もちろん、30代に入ってからでも、遅くはありません。資格を取ったり、勉強をしたり、努力できる事はあります。

 

家庭との両立は難しいですが、キャリアを保ちたい、もっと収入をあげたいというのなら、子育てなどで動けなくなる前にやれることはやっておくと良いでしょう。


30代転職のトップ 35歳転職限界説は本当? 転職動機を見つめなおす おすすめ転職サイト