30代の転職では、会社選びで踏まえておきたいポイントがこんな所にある

 30代は転職適齢期として捉える考え方の多い世代です。そんな状況の中で会社選びではどなたも慎重になっているはずではあるのですが、時には大きな失敗も起こり得るところがいまひとつ前進できずに転職を踏み留まる理由ともなっています。

 

良い会社に出逢うポイント

 現実的には折角条件的に満たされた転職が叶ったとしても、実際に職場に入ってみると適応能力に欠けていたり、会社や先に入社されている社員と相性が合わなかったり、そんな事も良く有りがちです。 

 

 良い会社に出逢うと言う事は、世間の評価で良い会社に入ると言う事ではなくて、自分が無理なく長期間に渡って働いて行ける会社に出逢うと言う事なのです

 

 今は零細企業であったとしても将来大きく躍進する可能性を秘めている可能性に賭け、その中で自分が重要な存在になれるような会社に入ることができれば、結果的に良い会社に出逢ったと思えることも事実です。

 

ブラック企業を避けるように

  同様に、ブラック企業に引っ掛らない為にはどうしたら良いか? それにはまず自分軸をしっかりと持たないといけないのですね。それには、転職先の会社のどこに30代の今の自分がやりがいを感じられるか?そこをしっかりと踏まえた上での転職先選びも必要です。

 

 何よりも、自分にとってブラック企業であるという最悪の状況は避けたいものです。

 

会社選びのポイント

 会社選びでのポイントは、世間や時代から見たその企業がどう評価されているかという視点からと、自分がその場に置かれた場合にどういうスタンスで働けるかや居心地という視点、その両方から判断することが大切であることを念頭に入れておかなければいけないのですね。

 


30代転職のトップ 35歳転職限界説は本当? 転職動機を見つめなおす おすすめ転職サイト