30代の求人で採用されるためには

 企業で評価されない30代の3つの特徴という記事に、30代は社会人のキャリアの分岐点だと説明されています。そのまま会社に留まって今まで積んできたキャリアを更に磨き上げていくこともできますし、転職をしたり場合によっては独立する事もあるかもしれません。

 

 30代は今後の判断が非常に大切になりますが、小杉俊哉著書の「30代のい生き方には挑戦だけが問われる」という本が紹介されていて、会社での働き方について言及されています。

 

中途採用の面接で不採用になる人の特徴

 著書の中の「中途採用の面接で不採用になる人の特徴」の部分が紹介されていて、面接の際にはどこを観察されているのかがわかるようになっています。

 

 不採用になる人の特徴は三つがあります。

 

 一つ目は、学習意欲がない事です。面接の際には、今までの仕事でどのような実績を積んできたのかアピールすることは必要ですが、あまりに過去の実績にこだわりすぎると、自分の安心領域から出たがらない人物という印象を持たれます。

 

 二つ目は、受け身で業務をこなす人です。与えられた仕事をこなす事はできても、自ら率先して工夫した経験がないため、身につけた仕事を他の職場でも応用できるまで、身につけられていない状態です。

 

 三つ目は組織に同化しすぎている人の場合です。組織に参加しようとする気持ちは大切なのですが、以前の会社に染まりすぎて、客観的な目で見ることが出来ない場合には不採用になります。

 

まとめに

 実力のある30代は転職業界では重視されることが多いでしょう。しかし仕事に意欲的ではないと判断された場合には、転職は難しいと考えられます。

 

 今後求人が増えてきたとしても、会社から求められるスキルを身につけるためには、今現在の環境でもベストを尽くして、転職に少しでも有利になるようにすることが大切だと言えます。

 


30代転職のトップ 35歳転職限界説は本当? 転職動機を見つめなおす おすすめ転職サイト