若いうちに行動するべし…20代のその後の影響

 不景気の波は20代にとっても、人事ではありません。「明日はわが身」と危機感を覚えている人も少なくありません。

 

 

 2012年はNECやシャープ、ソニーといった大手電機メーカーで相次ぎリストラが行われました。「あんな大手でリストラがあるなんて・・・」と驚いた人も少なくないことと思います。しかしこれは現実の話です。

 

関連ページ
30代から始める販売士試験攻略法

 

 工場閉鎖へ追い込まれた地域では、年齢問わずリストラをされるといったことも少なくありません。運よくどこかの会社に社員ごと引き受けてもらうことになったというケースは、非常にラッキーな話です。大手であればあるほど、工場閉鎖の際は非常に厳しい戦線が引かれています。

 

若いうちに努力するって大事

 ある記事では25歳男性について紹介しており、仕事を首になり25年間彼女もいないといった男性について書かれています。20代といえば、仕事と恋愛のバランスは非常に大きな時期です。

 

 この時期が30代を左右するといっても過言ではありません。25歳であれば30代に入ってからより、転職の可能性は大きく開けます。嘆いてばかりではなく、何か必死になって努力してみてはいかがでしょうか?

 

最後に

 極端な話、彼が弁護士や医者になればあらゆる女性が寄ってくることでしょう。ただやはり、仕事がないいわゆるニートやフリーターの状態では、女性は恋愛対象として考えてくれないと思ったほうがいいです。

 

 若いうちはフリーターで許されるかもしれませんが、世間の目はそう甘くありません。仕事につきたい、彼女がほしいと思うなら、まずは自分のランクを上げることが肝心です。

 


30代転職のトップ 35歳転職限界説は本当? 転職動機を見つめなおす おすすめ転職サイト