30代の転職者の強みと弱点は?キャリア構築アドバイス

俗に言う転職で”35才の壁”があるかは、賛否両論あると思いますが、35歳以降は公開ポジションからスカウト(非公開)ポジションへ求人が変化する境目ということは言えると思いますので、多かれ少なかれ、分岐点と言えるかと思います。

 

30代後半からのキャリア構築に関しての考え方の整理を一例として、示してみたいと思います。(下記のネットで見つけた”30代の転職者の強みと弱み”の整理とつながるところがわりとありますので、ご参考まで)

 

30代の転職者の強みと弱点

Strong!!30代の転職者の強み

  • 実務経験・業務実績がある=即戦力になれる
  • 交渉力やプレゼン能力、マネジメント経験、人脈等、転職先でも活かせるポータブルスキルが豊富
  • ビジネスマナーやタスクの管理方法等、ビジネスの基本が身についている
  • 40代・50代と比較すると時間的な猶予がある

Weak.30代の転職者の弱点

  • 未経験職種への転職は採用されにくい
  • 前職での経験や慣習が抜けにくい
  • 吸収力や体力面で20代に劣る(と認識されやすい)
  • キャリア採用では上司・同僚からのチェックが厳しくなる(即戦力としての実力、周囲への溶け込み具合など)

引用元:https://tenshokuwalk.com/step2/thirties.html

 

 

30代後半からのキャリアの大きな方向性

30代後半のキャリアとしては、@ベンチャー企業のマネージャークラスから経営ポジションを狙うキャリア、Aプロフェッショナル系キャリア、B組織内専門職を目指すキャリアの3つに大きく分けることができます。

 

Bの組織内専門職に関しては、従来のスタッフ→課長→部長→経営陣という単線型人事に加えて、組織内に法務、会計、税務、ITなどの専門職を置く複線型人事が広まりつつあることも背景にあります。少し前には某外資系自動車メーカーで、会社大での大リストラをしている最中に会計・マーケティングの専門人材を外部から採用していたのは、業界で知る人は知る話ですが、弁護士など取得が難しい資格などを必要とするケースも多いので、ここでは@とAにフォーカスしたいと思います。

 

@ ベンチャー企業のマネージャークラスから経営ポジションを狙う

このキャリアでは、戦略構築、意思決定、オペレーションマネジメントなどが求められることが多いです。逆に言うと、特に設立から間もないベンチャー企業では、人も少ないことから、組織も未確立で、意思決定、人・組織の管理ができないケースが多いと言え、求人は常にあり、需給バランスがとれていない状況です。

 

よく経営は「哲学」と言われるようにベンチャー企業のマネジメントクラスから経営ポジションを目指していく場合、人間観、組織論などの裏付けも必要となるかと思います。このキャリアは、競合先などを買収後、日常のオペレーションが回るまで見ていき、P/L責任を負うCOOとFP&A(Financial Planning and Analysis)でファイナンス、財務、会計などを見ていくCFOの 2つのポジションに大別され、その上にCEOのポジションもあります。

 

 

A プロフェッショナル系キャリアとは?

こちらは、コンサルティング会社などをイメージしていただくと分かりやすいと思います。要するに、組織と関係なく、自らの腕1つで、積み上げていくのが、プロフェッショナル系のキャリアと言えます。イメージとしては、30代前半まで一人で回せるくらいのスキルを身につけ、30代後半以降はマネージャーとして営業をしてお客さんを獲得してくる能力が必要となります。

 

中途入社で、これまで、業界未経験なら、30代の場合、1日でも早く転職して間に合うかどうかということになります。(特にコンサルティング会社は、30代後半の未経験者はまずとらないようです。)例えば、日本のシンクタンクで5年くらい仕事をし、他のファームに移るようなキャリアは考えられると思います。

 

少し前にSox法対応で新しいニーズが生じ、付け焼刃で本10冊を詰め込んだレベルでうまく営業して仕事をとっていた人たちが、その分野の第一人者のような立場にはなったケースもありましたが、最近はあまり仕事がなく人余り感も出ています。今後、国際会計基準対応の新規需要は出てくることは予想され、そうしたトレンドを追い続けることになるのかもしれません。

 

 

まとめ

Aのプロフェッショナル系キャリアで上に行く(コンサルティングファームでパートナーになる等)のは1つの道かと思いますが、現実的には、業界未経験の場合、30代前半までに転職(MBA留学を契機に転職等)するかというのが分かれ道かと思います。

 

それ以外に、Aのプロフェッショナル系キャリアで余人をもって代えがたい経験を積んでBの組織内天文職に転進する道は今後、それなりに出てくると想像されます。逆にBの組織内専門職から@のベンチャーへキャリアチェンジの道は財務系などではなくもないが、あまり多くないのが実情のようです。

 

同じようにAのプロフェッショナル系から@のベンチャーへの転進も、はた目には、CFOなどはできるのではないかと思われがちですが、やはりベンチャー特有の現場経験がないと務まらないので難しいようです。


30代転職のトップ 35歳転職限界説は本当? 転職動機を見つめなおす おすすめ転職サイト