なぜか面接でうまくいかない人が“やらかしている”3つの間違い

書類選考の通過率は良いのに、面接では残念な結果になる。自分ではスキルもそこそこだと思っているのに、なぜなんだろうかと思い悩む人がいます。いくら悩んでも、改善点を探し出さなくては先に進めません。

 

“こんな30代”ではちょっと…そう採用者に思われている部分があるのでは?自分では気づいていないほんの些細な受け答えの中に、企業側は人材の選択を行なうヒントを探っているものです。採用を勝ち得るために、面接時の応答で避けるべきポイントについて見ていきましょう。

 

 

20代と同じ土俵で勝負をするな

受け身で通るのは“若者”だけ

30代で転職を行なう際、20代で経験している就職活動や面接のままの意識でいては、採用が危ぶまれます。せっかく書類選考を通過したのに、なぜか面接で不採用となるのは、自分では気づいていない「受け身姿勢」のせいかもしれません。

 

企業が20代レベルの人材を求めているのであれば、当然ながら、わざわざ年齢の高い30代を採用する意味はありません。その“レベル差”を伝えて相手を説得するのは、応募者である自分自身です。

 

現在の企業では、中堅社員の役割に対する期待が高まっています。自分が確かに求められる人材であることを理解してもらうためには、単に30代という年齢だけでは不足しています。

 

30代の自分だからこそ、企業側の要求の何に応えられるのか、それを見せる舞台となるのが面接の場です。

 

出典元:産業能率大学

 

新卒や20代の場合には、面接担当者も「まあ、こんなものだろう」という一定の許容範囲があります。それに対して30代への視線がシビアになるのは、誰でもわかることです。とすれば、20代の面接者と同じことをしていて、採用されるわけはありませんよね。

 

企業は「買う」に値する人材を採用する

30代の就職に当たっては、面接はいわばビジネスコミュニケーションのオーディションとでも捉えるべきでしょう。ここでポイントとなるのは、企業にとっての「利益還元」です。この人材を採用することにより、自社にどれだけのメリットがあるかが裁定のカギを握ります。

 

人はモノを買う際に、対価を考えます。自分にとってその商品が価格に見合うかどうか、判断するのです。面接では、自分自身を商品と考え、メリットとして企業にとっての貢献度をアピールしなければなりません。自身を売れる商品にする、つまり企業の求める能力を持つ人材として認められてこそ、成功する面接といえるのです。

 

 

30代の面接で新卒面接のように一方的に質問されているだけでは、まず大きな期待をされていないと見て良いでしょう。元気や、やる気だけで押し通せる若い世代とは見方が違います。採用候補に対しては、職務経歴の信憑性や人間性を見極めるための応答を重視します。双方向のやりとりの中から、本質を見抜くのです。

 

30代としてのプロ意識をもっているのか、経験で培われた能力を応募企業の中で具体化できるプランがあるのか。突っ込んだ質問や変則の問いかけに、その場しのぎではなく、自分のことばで伝えようとする姿勢を印象づける必要があります。

 

積極的であることと、単なる意気込みは違います。多少おかしなことば遣いでも見逃されたのは20代まで。30代は、能力・経験・思想など培われてきたすべてが、面接での言動から判断されます。

 

前職でこうだった、学歴がどうだったではありません。ある意味では、鎧を脱ぎ捨てゼロ地点に立っている姿が、採用したくなる人間としての魅力を持っているかが問われる、それほどの覚悟をもって臨むべきです。

 

30代に対しては、羊のような従順さを求めているわけではありません。マニュアル通りのお利口な態度で受け身に回るのが、採用される面接スタイルではないのです。

 

“逃げ”は嫌われる

ソコで働くのは自分である

就職支援に関わっていて気づくのは、能動的な人ほど間違いなく採用が早いということです。こちらから言い出す前に、職務経歴書を作成し添削に持ち込みます。応募企業に合わせ、それぞれの面接問答集を自ら作成する人までいます。

 

面接で応募理由を聞かれたときに、人材紹介会社や人から「紹介されたから」は印象が良くありません。転職は自分の決めたライフイベントであって、人ごとではありません。

 

どこかに「人ごと」の要素が入るということは、「逃げ」の言い訳を作っているようなものです。面接担当者は、微妙な言い回しの中にある責任転嫁の要素に対して敏感です。

 

30代は人を管理する立場としても期待されます。意志的でない物の言い方は、自信なさげな印象を持たれてしまうでしょう。自分自身のあり方にさえリーダーシップを持てない人間に、仕事や周囲をまとめる力があるとは考えられません。

 

出典元:厚生労働省

 

採用時に企業が重視する能力の調査でも、責任感は上位を占めています。対象が新卒者を含んでいるため、転職者に対しては、さらに重要度が増すと推測できます。

 

面接時の具体的な対策としては、「〜された」「〜言われた」という口調ではなく、すべて“自分発”に置き換えるようにしていきましょう。

 

現実はリストラなどで意に沿わない転職であっても、“この転職は自分にとっての好機”と言い切るくらいの頼もしさを見せなければなりません。なぜなら、これからその会社で働くのは自分であり、採用側にとってはその人物の考え方こそが重要だからです。

 

例え前の会社の将来性への不安が退職理由であっても、それを口に出すのはNGです。嫌だったから逃げてきた、というイメージは絶対にもたせてはなりません。どのような状況であっても、意志的であり、逃げの姿勢を見せない。これは30代の面接では、とても重要なポイントです。

 

面接は最初と最後の5分が勝負

面接を多く行なっている人によると、採用されない態度には2つのパターンがあるといいます。ひとつは、自信がなく物静かなタイプ、もうひとつは逆に自信過剰で見下したような態度をとるタイプです。

 

そしてその印象を決めるのは、最初の5分。面接の流れは、職務経験・退職理由・志望理由・自己PRとそれについての質問および回答です。経験豊富な面接官の場合、この5分の間に採用をほぼ決定するとのこと。

 

面接時間のすべてから判断されないとは、ちょっとショックな話です。残りの時間は決定への裏付けと見極めとなりますが、面接官の直観力が重視され、くつがえるのは稀だといいます。話の内容に加えて目線、声のはり、表情などもしっかりと観察されています。

 

先の不合格となる2つのタイプに共通しているのは、組織への適応力に欠けること。殻に閉じこもって積極的に仕事に関わろうとしない、あるいは年下の上司や先輩に対して素直に対応できないことが予測されます。

 

これは性格というよりも、就職活動に対する心構えの問題です。採用する側としては、面接の場で会社に対する貢献を判断基準とします。どれほど能力のアピール度が高くても、人間的に不信感をもたれると即効アウトになります。

 

さて、せっかく良い印象が残せても、最後の最後でひっくり返してはすべてが水の泡。慎重に運んでください。「他に何か質問はありませんか?」と尋ねられたら、「特にありません」で終わらせないようにしましょう。

 

初回の面接ならば、条件や待遇面ではなく業務に関わる質問を準備しておきます。質問がなくても、「面接を通じてますます入社意欲が高まりました」「この会社で働く幸運があれば本当に楽しみに思います」など、率直に感想を伝えます。

 

会社側は、中途採用で余剰な人員を採るなどあり得ません。ほんのわずかな差、面接官への心象が採用と不採用の分かれ目となります。

 

面接終了後も緊張感からの解放で逃げるように退室するのは、印象が良くありません。最後まで落ち着いた態度を保てるかどうかが、最終的なワンプッシュにつながると考えてください。

 

 

退職理由に業績悪化を挙げてはいけない

面接は愚痴を述べる場ではない

退職の理由を長々と述べるのは賢くありません。面接官はその道のプロです。提出書類の欄に「会社都合」とあれば、およその見当はつけているものです。

 

「業績不振だから」「リストラされたから」は直接的な原因ですが、応募企業側が聞きたいのは「そのときあなたは何をしていたのか」ということです。

 

30代にもなって、業績悪化についての自分なりの努力もなく「業績不振で辞めた」は理由になりません。また、リストラの場合には、本人に何らかの責任があった結果なのか、まで確認される可能性があります。

 

単に業績不振をタテにすると、いずれまた問題があれば放り出して逃げ出すのではないかと受け取られかねません。担当していた仕事の中で、どのように努力をしたのかを含め、事実を端的に伝えるのがベストです。

 

前職を辞めた経緯について、クドクドと説明する必要はありません。例えば、倒産やリストラといった場合でも、応募企業には関係がないのです。病気・けがについては短いブランクであれば、自分からはあえて触れずに済ませます。待遇の悪さや虐めなどについても、愚痴と受け取られてマイナスにしかなりません。

 

自分は悪くなかったことをアピールしたい人を良く見かけますが、応募企業にとって興味があるのは、実績を活かして今後どのように貢献できるかの説明です。持ち時間が決まっている面接で、退職理由が長くなると面接全体の印象がトーンダウンします。

 

退職理由は短めに、を意識し聞かれた以上の話に走らないようにしてください。その分の時間で自己PRや抱負の部分を少しでも長くし、生き生きとしたあなたが印象に残るように努めましょう。

 

両刃となる“チャレンジ”

「チャレンジ」ということばは、30代の面接では使い方に注意が必要です。20代ならば「新しい分野で試したい」「まったく知らない業界にチャレンジしたい」でも通るでしょう。しかし、30代でそれを口にすると、現実を直視できていないと受け取られる危険性もあります。

 

同じチャレンジであっても、実務面の経験やプロとしてのキャリアプランから、具体的な説明ができるのであれば問題はありません。また、企業側から経験のない部署に関して尋ねられた際に、「チャレンジする準備はできています」など答えるのは意欲的に受け止めてもらえそうです。

 

個人的な「やってみたい」という志向は、応募企業にとって興味のないことです。伝えるのであれば「この会社だからこそ実現できる」「この会社にこそ貢献ができる」という形にすると印象づけられます。

 

自分のキャリアアップの部分だけを強調するのも、自己中心的で好感度が低くなります。また、社名を代えて他社にでも通用するようなありきたりな説明も、面白みがありません。

 

自分の経歴の中に、応募企業の面接官が興味を持ちそうなキーワードがないか、良く探してみてください。

 

例えば、「御社が力を入れているエコへの取り組みに対して、自分が前職で携わった“環境省エコ・ファースト制度”の認定取得プロジェクトでの経験は、きっと役立てられるのではないかと考えております。」などです。

 

30代の面接では、与えられるのを待つ人材であってはなりません。この会社で何がしたいのか、入社後は自分の居場所をどう獲得していけるか、面接官にイメージさせられることが採用につながります。

 


30代転職のトップ 35歳転職限界説は本当? 転職動機を見つめなおす おすすめ転職サイト