「3本の矢」を成功させ30代の転職環境は整えるのか

 

 安倍内閣は、長く続いた日本の経済低迷から脱却するために、経済再生を最大の政策であると位置づけています。

 

 この政策は、

  •  「金融緩和」
  •  「財政出動」
  •  「成長戦略」

 で、「3本の矢」とも呼ばれています。

 

IT分野が期待されている

 成長戦略においては、公共工事の増大なども考えられているようですが、以前の自民党が長年行なってきたバラ巻きが再び起こり、不要なハコモノや道路が増えるだけだという批判も少なくなく、実際の計画にはかなり慎重な線を選ぶだろうと思われています。

 

 しかし、民間の力を借りるという成長戦略においては、とくに期待されているのがIT分野の戦略です。
「ICT成長戦略会議」が始まったことで、さらにこの期待は高まっており、この分野で活躍が期待される30代の人たちにとっては、転職などの求人数も大きく上がっていくと予想されています。

 

30代IT事業に

 現在30代の人たちは、育つ過程においてIT環境が整っていて、それでいて社会経験も積んでいますから、ITを利用した新たな産業や事業を起こしていく、貴重な人材が多数居ると考えられています。

 

 こうした人たちの起業や転職を支援する体勢を、政府と民間が一丸となって取り組んで行けば、さらなる雇用も誕生して、後に続く交配たちへ道を拓いてやることにも繋がります。

 

関連ページ
30代の転職にPhotoshopクリエイター能力認定試験は役立つ?

最後に

 就職が厳しい、転職ができない、求人が無い、と言った、生きるために必要な雇用環境が脆弱であることは、先進国としてあってはならない状況なのではないでしょうか。
 今後の政府の政策に、大いに注目をしていきたいものです。

 


30代転職のトップ 35歳転職限界説は本当? 転職動機を見つめなおす おすすめ転職サイト