30代半ばから就職・転職活動開始!そのために気をつけたいこととは?

新卒の就職活動が活発な中、転職組にはそれなりの苦労が付いて回ります。特に30代半ばを過ぎてからの就職・転職活動はそれまでのキャリアを考えながらも、キャリアがまだそれほどない人にとっては、長く苦しい戦いになることでしょう。

 

ここでは、キャリアの有無に関わらず、30代半ばからの就職・転職活動のコツや保つべき心理状態などについて考えていきます。

 

30代からはキャリアが試される

新卒で入社し、普通に転職活動を行おうとする人は、転職活動をするにあたっては、自分のキャリアプランを描きながら活動することが求められます。それには、転職者組向けの履歴書や職務経歴書を作成するためのセミナーなどに参加し、新卒時とは違う書類の作成方法を学ぶことから始めましょう。これは転職者組に限ったことではなく、たとえばこれまで短期間の就労を繰り返してきたけれど、そろそろ腰を落ち着けて働きたいと考える人にとっても有効です。

 

20代のうちにキャリアを積んできた人であれば、30代以降はどうしたいのかということについて、自社の中ではキャリアプランが描けていても、転職したいとなると、新たな会社でどういった位置に行きたいのか、将来はどうしたいのかについて、明確に答えられなければなりません。総務関係でキャリアを積んできた人がいたとすれば、入退社の手続きや給与計算などのスキルを磨き、社内の総務全般についてスペシャリストになりたい等のプランを応募書類や面接で述べることが重要です。

 

これから新規で就活を始めようと考えている30代以降の人は、基本的な考えは転職組と同じですが、現在働いていない、あるいはアルバイト中であれば、そこから材料を探して新たな会社では何ができるかについて考え、面接でアピールするポイントを見つけておきましょう。

 

アドバイスポイント

会社在籍時からの転職活動組は新たな会社でのキャリアを明確にしておかなければならず、新規就活組の30代は現在の状況やアルバイトなどからでも自身に有利な材料を見つける

 

 

孤独な戦いを乗り切るにはサポートも重要

就職・転職活動はたった一人での戦いになります。書類を作ったり面接に行ったりするのも一人です。誰も助けてはくれませんが、そこに至るまでのアドバイスは多くの人からもらえるはずです。ちなみに筆者は自治体が開設している就業サポートセンターに行き、民間の就職カウンセラーに専任で付いてもらい、一緒に就活を走り続けました。

 

このような自治体が開設している就職サポート施設というのは、基本的にすべて無料で登録・利用が可能です。一度カウンセラーが付けば、後は決められた日時に予約を取り、面談をしながら自分に合った仕事探しや就職・転職に対する心構えなどを教えてもらいながらの活動になります。

 

こうしたカウンセラーに専属で付いてもらうのはとても心強いので、就活や転職活動に孤独感を感じている人はぜひ一度、お住まいの自治体にある就職支援施設の情報を集めてみてください。各地にはジョブカフェや就業サポートセンター、ヤングハローワークなどの名称で広く開設されている施設がたくさんあります。

 

20代とは違い、30代は求められるものも多くなり、即戦力としての役割が強くなりますから、違った面のアドバイスをもらえるので重要なことです。

 

アドバイスポイント

一人での就職・転職活動は孤独感もあり、限界もあるため、自治体の就職支援施設を利用するのも一つの手です。キャリアカウンセラーの資格を取得した専門員がマンツーマンで相談に乗ってくれます。

 

 

活動には期限を決め、家の中での就活・転職活動を続けないこと

これが一番大事なことです。就活や転職活動には、大まかでよいので期限を決めてください。そうでないと、長々と活動を続けるだけになってしまい、最初の決意が揺らぎかねないからです。すでに会社に在籍している人ならもし転職を諦めても自社での仕事に戻ればよいので稼ぎは出来ますが、会社を辞めてから転職活動を開始したようなタイプの人が長々と活動を続けていると、いつの間にか就職したいという気持ちそのものが薄れ、だんだんと内向きな気持ちになってきます。これは筆者が若い頃に実感したことですが、退職後にまた就活を始めるなら、一日でも早いほうがよいのです。

 

実体験としては、もし会社を退職した場合、ずっと家に居たと仮定すると、約一ヶ月ほどで社会性が薄れてきます。三ヶ月も経つと働いていた頃の気持ちがなくなりつつあり、この辺りで早めの活動開始をするか、アルバイトや派遣社員など、正社員でなくともどのような形であっても働いていないと、気持ちが張り詰めませんので活動自体のエネルギーがなくなってきます。

 

また、家の中にずっと居て活動ができるとは思わないことです。若い人でもずっと家に居ると働く気を失ってしまうように、30代以上になると、体力的な面も心配になってきます。また、家の中というのは普通、自分がリラックスする場所だと体が覚えているものですから、リラックスした空間で就活や転職活動をしても気合が入りません。できるなら一日中外に居て、会社勤めをしていた頃と同じペースで動き、帰社時間になったら帰宅するということを週に2日は行っておき、「この日までに新たな仕事を決める」と期限を設定してください。

 

アドバイスポイント

大まかな期限を設定し、その期限までには新たな職を見つけるように努力するようにしましょう。また、在籍しながら活動するのと退職後に活動するのとでは気持ちに大きな差が出ますので、家にずっと居ながらの活動は控えましょう。

 

 

忘れてはならない最重要事項は「タイミング・縁・運」

活動中はさまざまなことが起こります。複数社に応募しても一向に書類が通らなかったり、面接に行っても合格しなかったりと、特に30代も中盤以降になると、自分はどこも雇ってくれないのではないかというマイナスな気持ちになってくることもあります。

 

しかし、大切なのは自分自身の気持ちです。20代の頃の自分とは違い、今のあなたはそれ以上に大切な経験をいくつもしてきたはずです。若さだけではどうにもならない経験値を持って活動に臨んでいるのです。ですから、強みや武器は必ず備わっているのです。

 

また、就活や転職活動中に自分にとって心にストンと落ちる職場と出会えるかどうかは「タイミング・縁・運」の三要素に集約されているようなもので、筆者を担当した就職カウンセラーの方も真理はこの三要素にあると仰っていました。

 

自分がいくら頑張っても、タイミングが合わなければ応募したいと思う企業も出てきませんし、縁と運がなければ合格しません。まさに恋愛や結婚と同じで、仕事を決めるのも運的な部分が左右する時もありますので、悲観的にならず、前向きにプラス思考で常に毎日を送るようにしてください。

 

アドバイスポイント

仕事を決めるのは「タイミング・縁・運」が重要なので、すぐに決まらずとも焦らずゆっくりと、しかし怠けず、自分自身を信じて前向きな活動を繰り返すことで、結果は付いてきます。

 

 

就活や転職活動は現代は厳しく、すぐには自分の望むような仕事には出会えないかもしれません。しかし、自分自身が納得して入社するということが一番重要なので、そういった企業と出会えることを信じて活動を頑張ってください。


30代転職のトップ 35歳転職限界説は本当? 転職動機を見つめなおす おすすめ転職サイト