スカウトを利用した転職とは?スカウトのメリットとデメリット

スカウトで転職とは?メリットとデメリット

今の仕事からのキャリアアップを考えた場合、今よりも仕事面でも待遇面でも好条件の企業へ転職する必要があります。
その場合にスカウトを利用した転職を行うと自分の希望に沿った企業への転職が可能になります。

 

スカウトの場合には企業側が求めている人材に一致していることが条件となりますが、それに合致すれば転職する側もスカウトする企業側もプラスになるwinwinな転職が実現できるでしょう。

 

スカウトとはどのような転職方法なのか?

スカウトとは求人サイトなど人材を募集しているサイトに登録することで利用できる転職方法で、通常の転職サイトとはその仕組みが多少異なる転職方法です。

 

一般的な転職サイトの場合、登録されている企業の情報を見て利用者側が企業をチョイスし転職のための面接などを受ける仕組みとなっていますが、スカウトの場合は逆で、求人サイトに登録してある利用者の情報を企業側がチェックして、その企業の欲している人材に対し企業側からスカウトの連絡が入ると言う仕組みとなっています。

 

求人サイトによってはサイトが企業の代わりにスカウトを代行する場合もあり、その場合はサイトが企業に対し人材を紹介すると言う形でのスカウトとなります。
このスカウトを利用した場合、自分で企業を探す手間が省ける為転職活動に割く時間を大幅に削減することが出来ますし、今の仕事を辞めずに求人サイトに登録してスカウトを待つという使い方も可能となります。

 

スカウトを利用するメリットとは?

求人サイトのスカウトを利用することのメリットとなるのが、自分のスキルや技術、経験などを欲している企業と出会うことが出来ると言う事です。

 

基本的に求人サイトに登録している情報を元に企業側や求人サイト側がスカウトの要望を出すため、自分の能力を活かすことが出来る企業と巡り合うことが出来ますし、今まで培ってきたスキルや技術などをそのままスカウトしてきた企業で活かすことも可能となります。

 

その為自分に合った企業からのスカウトが期待できるというメリットがあります。

 

これは非常に重要なことで、自分で転職先の企業を探し転職活動を行った場合、面接の段階で自分のスキルなどが活かせないということが分かる場合もありますし、実際に転職してから仕事内容が思っていたのと違うという状況に気づくと言うこともあります。

 

しかしスカウトの場合はそういった失敗が少ないですし、こちらの求める要望を見たうえでスカウトを行う事になるため仕事面でのズレや待遇面での不満というものも生じにくく、転職に失敗したという後悔も生まれにくいと言う特徴があります。そのためスカウトを利用した転職はリスクが低く安心して転職が行えると言うメリットもあります。


スカウトを利用するデメリットとは?

スカウトを利用する場合のデメリットとしては、登録した情報に興味を持ってくれる企業がすぐに現れればすぐにでも転職が可能になりますが、なかなかそういった企業が現れない場合、なかなか自分の希望する企業からのスカウトの声がかからないということも考えられます。

 

 

それとスカウトの声がかかったとしてもそれで転職が決まると言うわけでは無く、そこから面接や条件のすりあわせを行う必要も出てきますので、企業側とスカウトされた側の意見が一致しなければスカウト成立とならないことも考えられます。

 

その為スカウトの場合は100%転職が決まると言うわけではないというデメリットがあります。これが引き抜きやヘッドハンティングであればスカウトとは異なり転職がほぼ決まったと考えてもいいかもしれませんが、スカウトはそこから先に書類選考や面接が待っており、それをクリアして初めて転職が可能になると考えなければいけません。

 

 

まとめ

スカウトを利用して転職を行う事は、転職活動の時間短縮や自分を必要としている企業を探すのには非常に役立ちます。

 

しかしそこにはメリットとデメリットがあると言う事を正しく理解してから利用する必要がありますし、スカウトを利用しても希望する企業から声がかかるとは限らないということも頭に入れて求人サイトや企業のスカウトを利用する必要があるでしょう。
上手に利用すれば視野にれていなかった企業からのスカウトや好条件のスカウトが舞い込む可能性もあるでしょう。

 


30代転職のトップ 35歳転職限界説は本当? 転職動機を見つめなおす おすすめ転職サイト