転職希望者にオススメする!転職エージェントの上手な活用方法3選

転職エージェントとは?

転職エージェントとは職業紹介事業者のことです。求人の紹介を中心に転職活動全般のサポートをする事業者で、転職希望者は無料で利用でき、転職が成功すると転職先企業から紹介料を貰うという仕組みになっています。有名な転職エージェントには「リクルートエージェント」「マイナビエージェント」などがあります。

 

転職エージェントの活用方法@ 多くのエージェントに登録する

国内には現在数多くの転職エージェントが存在します。数多くあるとどのエージェントに登録をすればいいか迷ってしまいますが、多くの方は大手転職エージェントに登録をするのではないでしょうか。そして、2、3社登録をして、あとは登録したエージェントからの紹介案件を待つことで安心していませんか?これでは本気で転職を考えているとは言えません。

 

転職エージェントから紹介される案件は、エージェント毎に若干違います。転職と言う人生で最も大きな選択において、その可能性を低くする必要はありません。転職者全体の平均登録数が2.1社に対し、転職成功者は平均4.2社の転職エージェントに登録をしています。転職エージェントには10社登録しましょう。

 

転職エージェントへの登録は、エージェントのサイト内にあるフォームから登録します。どのエージェントのフォームも入力項目はほぼ同じなので、ひとつのサイトに登録をすれば、残りのフォームは10分程度で登録が可能です。転職エージェントに登録をすると、キャリアコンサルタントと呼ばれる担当者が必ず一人つきますが、キャリアコンサルタントと相性が合わない場合もあります。交代してもらうことも出来ますが、会社によってエージェントの特徴がありますので、その点でも複数のエージェントへの登録をオススメします。

 

転職エージェントの活用方法A 様々なサービスを利用する

転職エージェントに登録すると、キャリアコンサルタントと面談をします。このキャリアコンサルタントとは基本、転職するまでずっとお付き合いしますので、仲良くなっておいた方が良いでしょう。
転職エージェントでは以下のようなサービスを受けることができます。

  • 履歴書・職務経歴書のチェック
  • 模擬面接
  • 転職希望先への代理質問

履歴書・職務経歴書

様々なキャリアコンサルタントにチェックしてもらって、常にブラッシュアップしていきましょう。
理想は文字数が少なくて必要な情報が網羅されていることです。転職先企業の面接担当者は日々何十枚もの履歴書・職務経歴書に目を通しています。長い文章は必ず敬遠されます。読みやすく、わかりやすく、アピールポイントが明確な履歴書・職務経歴書が面接につながります。

 

模擬面接

出来る限り行ってもらいましょう。キャリアコンサルタントは転職のプロです。面接におけるウィークポイントを探し出し、改善方法を提案してくれます。
面接の練習は一人では行えません。面接はこなせばこなすほど上手くなります。特に圧迫面接は慣れの問題ですので、模擬面接で行ってもらえれば、本番の面接でも気遅れすることなく挑むことが出来るでしょう。

 

転職希望先への代理質問

どんどん活用しましょう。面接では質問しにくい、希望企業の福利厚生のような内容について、代わりに質問をしてくれます。転職希望者からの質問というわけでなく、さりげなく聞いてくれるので、採用に影響されることもありません。面接では聞きにくいけれど、入社の判断になる情報は重要です。キャリアコンサルタントを通じて上手に情報収集しましょう。

 

転職エージェントの活用方法B 直接応募する

先の説明通り、転職エージェントは紹介した転職希望者の転職が成功すると、転職先企業から紹介料を貰うという仕組みになっています。紹介料は転職者の年収の20〜30%です。年収500万円の場合、紹介料は100〜150万円です。

 

企業はより多くの人材が集まる転職エージェントから優秀な人材を紹介してもらいたく、転職エージェントを利用します。反面、社員紹介などで優秀な人材に入社してもらえれば、経費がかからずに採用活動が出来るとも考えています。よって、転職エージェントから紹介された企業にどうしても入社したいと思った時は、転職エージェント経由ではなく、直接その企業に応募をした方が採用される可能性が高くなるかもしれません。しかし、この方法は裏ワザです。転職エージェントにバレると激しく注意される可能性がありますので、ご利用にはご注意ください。

 

 

いかがでしたか?転職活動を有利に進めるには情報と経験を多く得ることです。書類も面接もキャリアコンサルタントから客観的な意見をもらうことで、ブラッシュアップされていきます。転職エージェントを上手に活用してみてください。


30代転職のトップ 35歳転職限界説は本当? 転職動機を見つめなおす おすすめ転職サイト