30代で転職を目指してもいい!転職のチャンスを活かす鍵とは

30代は貴重な人材

入社してから地道に働き続けた20代を経て会社からも信頼や期待を持たれる30代は働き盛りの年代です。会社側から見れば30代は一般的な常識もあり即戦力となる人材なので手元に置いておきたい存在です。

 

30代で転職をする人は20代で転職する人よりも比較的に少ないです。それは何故かというと20代で転職した人が転職後はずっと同じ仕事を続けているからです。30代で初めて転職を経験するという人もいます。

 

30代で転職をする理由として

  • 「会社の将来性が不安」
  • 「他にやりたい仕事がある」という事が考えられます。

他には

  • 「給与が不満」
  • 「スキルアップをしたい」
  • 「残業が多い」
  • 「休日が少ない」等もあるでしょう。
  • またIターンやUターンをしたいという人もいるのではないでしょうか。

常識もあり体力もある働き盛りの30代は転職のチャンスとも言えるタイミングです。この機会をチャンスに変えて転職を成功させましょう。

 

企業が求めるもの

企業側は30代の転職者には高いスキルや能力を求めています。やる気や体力を重視する企業なら新卒や20代の若手にでも出来ます。企業は若手に一から教えるよりも知識を身に付けている即戦力のある人材が欲しいのです。

 

企業側の求める即戦力を身に付けた人材だと理解してもらう事が鍵となります。

その為にも企業が求める能力を把握しておかなければなりません。

 

企業のホームページや定期的に発行される公報等に目を通して企業がどんな状況にあってどんな人材を必要としているのかを確認しておきましょう。

 

履歴書や面接で前職で身に付けた知識や技術の他にマネジメントに携わった経歴や成果をアピールしましょう。さらに転職先で発揮出来る能力をアピール出来るとインパクトがあります。

 

企業へアピール出来ること

  • 専門的な技術や知識や部下をまとめる為のリーダーシップ
  • 利益を生み出す為の改善策を推進出来る能力などが挙げられます。
  • 専門的な技術や知識の他に何かアピール出来るものがあると有利です。

30代前半では正確に業務を遂行できる専門的な知識や技術が必要とされます。

さらに30代後半では専門的な知識や技術の他にチームを統率し企業利益を生み出すマネジメント能力が求められます。

 

30代前半でマネジメントの経歴がある場合は有利になるので必ず職務経歴書に記入しておきましょう。

 

企業は20代や30代共に、いずれは管理職に就くことを視野に入れて採用します。企業側は管理職として相応しい人材か見極める際に20代よりも30代の方が見分けやすいです。

 

前職でスキルをどれだけ身に付けたか見れば管理職に育て上げるのに相応しい人間か判断出来るからです。

 

逆に言うと30代はスキルや能力が無いと転職は難しくなります。

給料は上がらなくても良いという人は今から資格取得に取り組むのも良いでしょう。パソコンに関する資格やスキルは必要としている企業が多いので資格を持っていると履歴書にも記入出来ます。

 

好印象に映る履歴書を作成する

履歴書は面接官が人材を選抜する上で重要な書類です。資格欄や職務経歴書に空欄が目立つとマイナスな印象になります。

 

面接前に履歴書を送付する場合は履歴書の内容だけを見て判断される事もあります。面談後に採用するか不採用にするか検討する際にも履歴書を見ますので良い人材だと印象付けれる内容にしましょう。

 

面接前に目を通す履歴書へ貼付する顔写真も重要です。

人は第一印象で想像して人物像を作り上げます。面接官も人間ですから爽やかな印象の顔写真を貼付しましょう。

 

面接官の中には面接者が緊張しないように顔写真と本人を交互に見て面談する人もいます。髪の毛や服装などの身だしなみを整えて表情は広角を上げて軽く微笑んでみましょう。

 

面接では履歴書と本人に相違が無いかを見ています。

サービス業の場合は爽やかな笑顔や明確な受け答えが大切です。また自己中心的な考え方をしていたり言動がないかも見ています。面接官の気持ちも察しながら面談をスムーズに進められるように心掛けましょう。

 

まとめ

30代の転職は20代の転職よりもハードルが高くなりますが企業が求める人材であれば転職を成功させられる可能性があります。

 

その為にも企業が求める人材をホームページ等で明確にして自分がその人材であることをアピール出来ることが大切です。また個人経営に取り組む場合は前職での人脈を活用しましょう。

 

前職での関係よりも更に強い信頼関係を築ける可能性もあります。30代の転職者だからこそ持ち合わせている能力を最大限に活用することが成功の鍵となります。


30代転職のトップ 35歳転職限界説は本当? 転職動機を見つめなおす おすすめ転職サイト