既婚30代女性の転職、面接でアピールすべきポイントは?

企業側が懸念しているポイントを押さえておこう

 30代の既婚女性が転職を考える際、面接でどのような点を重視されているかをあらかじめリサーチしておかなければ話になりません。30代女性は、結婚・出産など、人生の一大イベントに関わる時間が多いため、独身女性のようにこれまでの経験とスキルをアピールするだけでは難しい場合がほとんどです。

 

 新卒の20代前半の女の子に一から教え込むのとは違うわけですから、経験とスキルの他に、一般常識に対しての知識を即活かしてほしいといった期待があります。さらに、企業側から「家族に何か問題があるとすぐ辞めるのでは?」「子供の病気などで欠勤が多くなるのでは?」と仕事に支障が出る機会が多くなることを懸念されるのは否めません。

 

 そういった企業側の心配を晴らすような回答をすぐ応えられるよう準備しておくと、面接の際のポイントが高いでしょう。そのためには、どんな回答を用意しておけば良いかを具体的に見ていきましょう。

 

これからの自分の人生設計を明確に!

 ある転職コンサルタントへのアンケートの集計結果で、「活かせる経験・スキルをきっちりアピールできている人は、再就職率が高い」という結果が出ています。ですから、これまでの経験、活かせるスキルは十分にアピールできるよう準備しておきましょう。

 

 それに加えて、「マイホームを建てる資金を貯蓄したい」「子供の教育資金を貯蓄したい」「将来△△歳には、●●として活躍したいから、今この経験を仕事を通してキャリアを積み重ねたい」など、働く動機を明確にしましょう。まずは、これからの自分の人生設計や、家族のライフプランの詳細を書き出してみましょう。そのために、どのような働き方をするのか、具体的なことを考えていけば、面接での対応がおのずと見えてきます。

 

家族の病気、用事に対してどのような対応をとるのか

 子供が風邪をひいたときや、家族に何かがあった場合、家族の協力が必ず必要になってきます。何かあった場合に、家族で協力してくれる人はいるのか、どこかのサービスに連携を取れているかなど、対処する方法を具体的に説明できると、企業側は安心して「お任せしよう」という気持ちになれます。

 

十分な準備でぬかりなく!

 たくさんの質問に対応できるよう、色々なケースを想定して面接に臨みましょう。しっかりと準備しておくことであなたの気持にも余裕が生まれるはずです。


30代転職のトップ 35歳転職限界説は本当? 転職動機を見つめなおす おすすめ転職サイト