30代だからこそエージェントを使おう!

勝負を賭けた転職

 30代の転職希望者にとって、40代から50代前半位に役員になったり、ヘッドハンティングを受けられるような逸材に成長しているかが掛かっているとても大切な時期だといえるでしょう。30代はスキルの蓄積・研鑽期であり、バイタリティをもって更なる高みの知識を吸収したり人脈を築くうえで、その気になれば最も活発に動ける時期でもあります。

 

 部長の平均年齢はおよそ52歳。この期になれば体力も落ち、かつての向上心も失せているものです。ですから、この30代の転職において如何に活動するかがとても大切だというわけです。まさに自分の人生に悔いなし、と言い切るための分岐点になるのです。勝負を賭けた転職、そういう意気込みで慎重に、単なる憧れや思い込みでなく、しっかりとした将来展望をもって転職することが肝要です。

 

30代転職の必要絶対条件

 先に30代の転職は勝負を賭けた転職、といいました。ではそのための具体的戦術はどうすればいいのでしょうか。その答えは簡単です。エージェントを利用すればいいのです。それもリクルートエージェントのような業界トップクラスの会員数を誇る会社をです。会員数が多いということは、それだけ求人企業も求人を出すようになります。そうすると全国の求人が集まるようになります。これと比例して、リクルートエージェントに登録すればより多くの求人案件の中で転職活動ができる、将来の役員候補、ヘッドハンティング候補になり得る求人が見つかるかもしれない、と更に多くの人材が集まるようになるのです。

 

 こうした相乗効果は計り知れません。転職エージェントサイトは数多くあり、それぞれに特徴をもって就・転職希望者から登録を募り、企業から求人案件を貰おうと切磋琢磨しています。どの企業も目的は会社の成長にありますから、自然と特長も似てきます。そのためエージェント間の差別化も難しい状況になっています。その点からも転職エージェントの老舗的リクルートエージェントが築き上げた実績と信頼、それに基づく膨大な会員数と非公開求人を含めた求人案件の豊富さは、30代転職者にとって必要絶対条件であり、決して無視できない魅力なのです。


30代転職のトップ 35歳転職限界説は本当? 転職動機を見つめなおす おすすめ転職サイト