30代転職

 

 

ここでは簿記検定資格の解説をします。
簿記検定資格は、企業経理を担当する場合には必須の資格となります。

 

 

資格取得は転職に有利?

長期的な世界経済不況のために企業の業績不振になり、将来性に対する不安や待遇を向上させる目的、キャリアアップ、もしくは30代からのキャリアチェンジを目的に30代で転職を考える人が増えています。

 

そんな30代転職希望者が転職を有利にするために資格取得を検討していると思いますが、実際には資格ありきの転職では望む転職は難しいことが多いようです。企業が30代のような中途採用を行う場合には、資格以上に業界や職種経験を重視するからです。ポテンシャル採用が通用しない30代の転職では、資格の有効性は高いとはいえないでしょう。

 

 

簿記検定資格は転職に優位的

しかし30代転職において、簿記検定資格が転職に優位的に機能する場合もあります。たとえば、簿記検定資格は企業経理を担当する場合には必須資格となります。しかし実際の企業内には簿記有資格が少ない場合は、経理経験に加え日商簿記2級資格を取得すれば転職に有利に機能する資格になります。また、簿記1級を取得すれば国家資格である公認会計士試験の受験資格が与えられるため、公認会計士を目指すこともできるステップ的な資格になります。

 

簿記検定の受験資格はなく、試験は年3回実施されますが、合格率は40%程度と難易度は低いため、経理経験があれば少し勉強するだけでも1ヶ月から3ヶ月程度で2級取得は問題なくできるはずです

 

いずれにせよ30代で資格を利用して転職活動を有利に進めようと考えている場合には、自身のこれまでの経験に照らし合わせつつ、将来目標や家族の了承も踏まえて取得する資格をじっくりと検討する必要があります。

 

 

 

 

 


30代転職のトップ 35歳転職限界説は本当? 転職動機を見つめなおす おすすめ転職サイト