30代で会社組織が合わないと感じたら

30代で会社組織が合わないと感じたら

 サラリーマンとして会社に属していると自分は、会社組織で働くことが合わないと思っている人は多いようです。働き方については、外世界とどう接していくかということで2種類のタイプがいるようです。

 

 1つのタイプは、物事を体系立てて考えて行動し、整理された状態で生活することが楽と感じます。そのため、常に計画やスケジュールに沿って行動し、決めたことをやり遂げることに達成感や喜びを感じます。

 

 もうひとつのタイプは、計画や決定を束縛と捉え最終的決断は、周囲の様子を見ながら臨機応変に対応することが楽と感じます。そのため、物事を状況変化に対処しながら進めていくので、枠組みの中でコントロールされるのではなく、自分のペースで自由に仕事を進めていくことに喜びを感じます。

 

30代の実情と自己分析

 30代の転職においては、自分一人ではなく扶養する家族や住宅ローンの抱えている人が多いため、自分だけの判断で転職ができない人が多いのではないでしょうか。転職理由が合わないという理由では、家族の同意を得ることは難しいかもしれません。

 

 そこで、まず自分がどういうタイプの人間なのかを知るため自己分析をしてみると良いでしょう。業務を行う上での行動パターンや喜びを感じること、会社組織のどこが自分と合わないのかなどを書き出してみて、自分がどのタイプなのを知ることから始めると良いでしょう。

 

結論

 会社組織が合わないからとすぐに転職活動や独立をするのではなく、最初に自己分析を入念におこなった後に、異動などの可能性について探してみます。そして、その後に一度転職エージェント系のサービスに登録して、キャリアコンサルタントから業界や会社情報を提供してもらい他社の職場環境や組織などについても確認してみると良いでしょう。

 

 独立するにしても、念入りな計画を立ててから会社を辞めるようにしましょう。

 

 

 


30代転職のトップ 35歳転職限界説は本当? 転職動機を見つめなおす おすすめ転職サイト