円満退職から納得のいく転職まで【34歳男性】

男性 34歳

[転職前の仕事]
SE
[転職後の仕事]
SE
[利用した転職サイト]
なし

 

 

転職を考えたきっかけ

元々は、某建築系会社の子会社で、社内システムのSEをやっていました。しかし、会社があまりに保守的であり、最新技術に触ることの出来るきっかけが皆無なことで、将来の不安を感じていました。
そんな時、親会社の赤字と、自社の赤字でリストラの話が浮上してきました。社内システムは、どちらかというと不採算部門でもあり、人員削減は避けられないと見ていました。

 

このまま今の会社にしがみつくよりも、先の事を考えて、多少は苦しい思いをしてでも転職に踏み切って道を切り開いたほうが良いと考え、転職活動を開始しました。

 

 

転職活動前に準備したこと

転職をするとなると就職先の会社で即戦力になれなければいけないと思いました。そのため、休日や仕事上がりの後、とにかくシステム構築やプログラミングを勉強し続けました。自分で何らかのシステムの仕様を考え、設計開発しました。また自腹を切って、コンピューターやネットワーク機器を購入、自宅でちょっとしたサーバシステムを構築してみました。

 

とにかく最新の技術用語を使って会話ができるようにと思い、勉強会などにも顔をだすようにしました。自分の技術に自信が持てるようになるまで、努力を続けました。

 

 

転職活動で工夫したこと

会社というのは、複数の人間が動く組織です。当然ながらコミュニケーション力を必要とします。できるだけスムーズに転職をするためには、まず自分という人間を良く知ってもらうことが大事だと思いました。そうするとコミュニケーションもスムーズにいくからです。

 

自社に出入りしている、電子制御機器を扱っている会社の社長さんがいましたので、さりげなく自分の転職に関する思いを話して見ましたが、その社長さんと話が盛り上がりました。そのうちに、「うちに来てくれないか?」という話に発展したのです。ソフトウェアを扱える人材が不足していて、私が独学で学んでいたことがほとんど役に立ちそうと思ってくれたのです。最終的には、その会社に転職することになりました。給与はやや安くなったものの、仕事内容は満足しています。

 

 

転職活動で苦労したこと

円満に退職することが大前提だと思っていたため、社内の上司や同僚へ、どのように話せばよいのかを考えることに苦労しました。実際、なんども慰留されました。強く断ることは決してするまいと思っていたのですが、数回は丸め込まれ、そのたびに転職への機会が遠のいてしまいました。

 

最終的には、会社がリストラに踏み切ることがほぼ確実になり、上司も関連他社へ転籍することが確定してしまいました。環境の変化により円満退職への道が開けましたが、転職活動開始から、転職完了するまで、じつに3年もかかってしまいました。

 

 

これから転職活動を行う人へのアドバイス

今の会社が嫌だから、というだけの理由で転職してはいけないと思います。会社を辞めるとして、次に働く先の会社を見つけること、その会社でどのように自分の腕を振るいたいか、よくイメージしておくことが大事です。

 

また、どんなときでも自信を持てるように、技術研鑽だけは怠らないようにしましょう。自分の技術は転職の際の武器になります。そして武器がどんなものであるのか、相手に分かりやすく説明できるよう、話術も磨かないといけません。自分の話に興味を持ってもらえるかどうか、どうすれば興味を持ってくれるか、常日頃から考えておきましょう。

 

30代の転職における最大の武器は自分の技術力と、それを伝えるコミュニケーション力だと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 


30代転職のトップ 35歳転職限界説は本当? 転職動機を見つめなおす おすすめ転職サイト