30代も取得したい転職に役立つ資格

資格取得はまったく意味がないという意見もありますが、本当でしょうか?

 

もちろん仕事のできない資格保持者よりは、仕事のできる無資格者の方が現場では重宝されます。しかし仕事ができるかどうかは、実際に働いてもらわなくては判断できません。
採用担当者は書類審査で人数をしぼりたい時、AさんとBさんどちらを採用するか迷った時、書類に書かれた資格を見て、応募者のやる気を買うこともあるでしょう。

 

資格を取得するということは、合格者が資格のためにどれだけ勉強したのかが確実に判り、どれだけ前向きに取り組んだかがはっきりと判るものだからです。

 

転職活動がなかなか上手く進まない人は、希望業界に関する資格の勉強を始めてみてはいかがでしょうか。こちらでは30代の転職でも有利な資格を3つご紹介します。

 

 

30代の求人情報を探すなら

多くの転職者が利用する定番転職サイト、リクナビNEXT!

 

 

販売士

 流通業界唯一の公的資格である販売士。3級・2級・1級まであります。30代が販売職に転職するのなら最低でも2級は欲しいところ。販売業では若い人だけでなく、30代の大人の落ち着いた販売員を求める求人もありますから是非チャレンジしてみてください。

 

 

介護職員初任者研修(旧・ホームヘルパー2級)

 高齢化社会の現代、介護ポストには中高年でも応募可能な求人が沢山あります。介護職の入門資格、介護職員初任者研修は130時間の研修を受け、最後に確認テストを受けるだけという比較的取得も簡単で、未経験者でも参入しやすくなっています。

 

 

ファイナンシャルプランニング技能士

 国家資格であるファイナンシャルプランニング技能士は、顧客のライフプランニングに即した資金計画やアドバイスを行うファイナンシャルプランナーのための資格です。独立も可能ですが金融や不動産業界への転職にも有利です。

 

 

経験者も資格取得を目指しましょう!

 ご紹介した3つの資格は実務にも役立つ試験内容となっていますから、経験者の方でも業務の再確認の意味も込めて学習されると良いでしょう。そのほか宅地建物取引主任者行政書士中小企業診断士などの国家資格もお勧めです。業界経験者であってもまったく資格がないよりは、これまでの業務に即した資格を持つことで転職成功への可能性が広がります。転職活動を行いながら、ご自分のキャリアに合わせた資格を取得し内定を確保してください。

 

 


30代転職のトップ 35歳転職限界説は本当? 転職動機を見つめなおす おすすめ転職サイト