30代の転職必見!成功する為の5つのステップ

30代の転職必見!成功する為の5つのステップ

 

30代の方は、社会において実務をこなす中核的な人材です。そのため、転職を行う際に

  • 「転職先が決まっても、慰留されてなかなか退職ができない」
  • 「次の職場が決まったのに、引き継ぎや担当業務が終わらない」

といった問題が生じがちです。

 

こういった問題を回避するためにも、転職活動の流れをしっかりと確認し、時間や労力に余裕を持たせた活動を心がけるようにしましょう

 

 

STEP1.計画の重要性

30代の転職の場合、在職したままの状態で転職を行うと、業務に追われて十分な活動時間がとれない、転職先が決定してもなかなか辞められないといった問題が起こりがちです。また、活動がうまく進まないと焦りが生じ、希望条件に妥協が生まれやすくなるといったケースも少なくありません。

 

こういった問題を避けるためにも、転職の目的を明確にし、事前に退職予定日を設定するなど、具体的な計画が立てやすい状況を作ることが大切です。

 

 

 

30代の転職必見!成功する為の5つのステップ

 

 

STEP2.情報収集しよう

転職において、情報収集は大変重要な要素ですが、30代の転職の場合、仕事に追われ情報を集める時間が確保できないという悩みが多く見られます。そのため、自分に必要な情報だけを効率よく収集するコツを身につけることが必要となります。転職情報の検索やスカウトが利用できるリクナビNEXTや、キャリアコンサルタントに情報収取や企業との折衝を任せることのできるリクルートエージェントなどを活用し、情報収集にかかる労力を上手く軽減するなどの工夫をしてみましょう。

 

 

 

30代の転職必見!成功する為の5つのステップ

 

 

STEP3.会社探し・応募するには?

30代の転職の場合、企業側が求めているのは、新卒や20代とは異なり「即戦力」であることを強く認識しておくことが重要となります。特に、在職した状態で転職活動を行っている場合、初回の出社可能日が不明瞭なまま応募を行ってしまうと、書類選考で不利になるケースが少なくありません。会社探し・応募ともに、現職との兼ね合いを十分に把握した上で、計画性を持って行うようにしましょう。

 

 

 

30代の転職必見!成功する為の5つのステップ

 

 

STEP4.面接も大事

企業が30代の転職者に求めるのは「即戦力となるかどうか」という点です。そのため、面接では、前職における経験や実績の質問が重視されます。これらの質問に対して自分の実力や実績を十分に伝えられるようになれば、面接は決して怖いものではありません。
面接に備え、自分の業務スタイルや能力、実績などを客観的に判断し、相手に伝えられるよう準備をしておくことが重要です。

 

 

 

30代の転職必見!成功する為の5つのステップ

 

 

STEP5.退職・入社準備しよう

転職先の決まった30代の転職者にとって、慰留や引きとめは非常に厄介な問題です。そのため、転職活動を始める前から円満退職に向けての取り組みを行っておくことは、とても重要になってきます。

 

また、他に問題になりがちなのが「同業他社への転職」です。同業企業の場合、横のつながりがあるため、退職時の対応などが元で悪いうわさがたつと、転職先でのキャリアや評価に影響が出る可能性があります。こういった問題を生じさせないためにも、会社や職場の仲間に迷惑をかけず、業務上の不備を決して残さないよう、キレイな退職を目指して行動を行って下さいね。

 

 

 

30代の転職求人多数!

転職するならリクナビNEXT

 

 

 


30代転職のトップ 35歳転職限界説は本当? 転職動機を見つめなおす おすすめ転職サイト