35歳の転職体験談

男性 35歳

[転職前の仕事]
大手通信会社の派遣SE
[転職後の仕事]
中堅通信会社の正社員SE
[利用した転職サイト]
リクナビNEXT

 

転職を考えたきっかけ

11年企業のプログラマーとして勤務しましたが、結婚を機に生活を見直そうと一旦は派遣社員として通信会社の派遣SEとして勤務して2年が経過しました。派遣SEでは、業務の主要なフェーズで蚊帳の外に追いやられる立場のためもどかしくなり、35歳を機に正社員への転職を決意しました。

 

 

転職活動で苦労したこと

就業と家事を両立しながらの転職活動で体力と精神的に大変でした。しかし、希望としては長く安定的に勤務できる企業に就職することを目標にしていたので、時間をかけて1社1社じっくりと応募して面接に行くという活動を半年程しました。途中で中だるみもでて、何度もくじけそうになりました。

 

 

転職活動を通じて得られたこと

面接を受ける中で、世間的な派遣社員の位置づけは非常に低いと感じました。そこで、派遣社員から正社員を目指す場合には、正社員から派遣になり、再び正社員を希望する理由を相手に納得してもらえるように明確にしておく必要性を感じました。また、自分を取り繕うことなく誠実に対応していけば、理解して採用していただける企業があるのだということを体験できました。

 

 

転職サイトを利用して役にたった点

希望に適った求人を獲得するために、タイプの異なる転職支援会社数社に登録を行いました。それ以外には、大手の転職支援サイトを利用して自分で求人検索ができるだけではなく、スカウト登録をして企業からもオファーをもらえるシステムを利用しました。検索、スカウト、紹介と複数のやり方で求人を獲得する転職活動では、管理することが大変でしたがさまざまな役立つ情報を獲得できたので非常によかったです。

 

 

転職活動を行う人へのアドバイス

転職はその目的や経歴にもよりますが、しっかりと転職軸を持って転職活動を続けていけばいつかは結果につながるということを知りました。面接では、企業に対して一方的に採用してほしいという思いを持つよりも、企業との相性を見て本当に働けそうな会社かどうかを見極める冷静さも必要になります。また、しっかりと企業について情報を確保して面接に臨むことが合否の結果に結びつきます。

 

 

 

 

 

 

 

 


30代転職のトップ 35歳転職限界説は本当? 転職動機を見つめなおす おすすめ転職サイト